Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ハイリスク妊娠の概要

執筆者:

Raul Artal-Mittelmark

, MD, Saint Louis University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ハイリスク妊娠の定義については、正式なものや普遍的に受け入れられたものはありません。しかし、以下に示す条件を1つでも満たす場合をハイリスク妊娠とするのが一般的です。

  • 母親または胎児が病気になったり死亡したりする可能性が通常よりも高い。

  • 分娩の前後に合併症が発生する可能性が通常よりも高い。

母体死亡

母体死亡とは、妊娠および分娩の合併症による母体の死亡です。

米国では2015年に、分娩10万件当たり14人の女性が死亡しています。白人と比べ、白人以外の女性が死亡する可能性は3~4倍高くなっています。米国では、ドイツ(分娩10万件当たり7人死亡)、オランダ(7人)、ポーランド(3人)、スペイン(5人)、スウェーデン(4人)、スイス(5人)、英国(9人)などの他の欧米諸国と比べて、母体死亡率が高くなっています。とはいえ、多くの母体死亡は発展途上国で起こっています。半数以上はサハラ以南アフリカ(ナイジェリアを含む)で起こり、ほぼ3分の1は南アジア(インドを含む)で起こっています。

各国の母体死亡率の比較

このグラフは、各国の母体死亡率を比較したものです。

母体死亡とは、妊娠に関連する問題が原因で、妊娠中または分娩直後に死亡した女性の数です。

母体死亡率とは、出生(生存している胎児の分娩)10万件当たりのこのような死亡の数です。

2015年には、母体死亡率は出生10万件当たり3件(フィンランド)から1360件(シエラレオネ)までの幅がありました(これらの国は以下に示されていません)。米国の母体死亡率は他の多くの欧米諸国よりも高くなっています(出生10万件当たり14件)。

Data fromWHO, UNICEF, UNFPA, World Bank Group, and the United Nations Population Division.Trends in Maternal Mortality: 1990 to 2015. Geneva, World Health Organization, 2015.

各国の母体死亡率の比較

母体死亡の最も一般的な原因は以下のものです。

母体死亡の半数近くが予防可能なものです。

周産期死亡

周産期死亡とは、分娩の前後の時期における胎児および新生児の死亡です。米国での周産期死亡率は分娩1000件当たり6~7件です。

胎児および新生児の死亡の最も一般的な原因は以下のものです。

妊娠中のリスク評価

特定の状態や特徴(危険因子)により、ハイリスク妊娠になります。通常の妊娠中のケアの一環として医師はこうした危険因子を確認し、母親と胎児のリスクの程度を判定してより良い医療の提供に努めます。

母体のリスクに影響しうる要因には以下のものがあります。

ハイリスク妊娠には綿密なモニタリングが必要であり、ときにハイリスク妊娠の管理を専門とするセンターに妊婦を紹介します。

分娩前の紹介の最も多い理由には以下のものがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP