Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

精巣炎

執筆者:

Patrick J. Shenot

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

精巣炎は精巣の感染症で、ほとんどの場合ムンプスなどのウイルスによって引き起こされます。

  • 精巣炎は通常、ウイルスによって引き起こされます。

  • 精巣が腫れて痛みます。

  • 精巣炎の診断は医師の診察と尿検査によって下されます。

  • 精巣炎の治療は、床上安静と痛みを緩和するための対策です。

精巣炎は、精巣上体が感染した場合に、精巣精巣上体炎の一部として起こる可能性があります。精巣だけが感染している場合、精巣炎と呼ばれます。

精巣炎はほとんどの場合、ウイルス(通常はムンプスウイルス)によって引き起こされます。まれに、他の感染によって引き起こされることもあります。ムンプス(おたふくかぜ)にかかった男性の約20~25%が精巣炎を発症します。ムンプス精巣炎の大半は、10歳未満の男児に発生します。

精巣炎は片方だけの精巣に起きる場合もあれば、両側の精巣に起きる場合もあります。長期的には精巣が萎縮することがありますが、男性ホルモンの テストステロンの分泌量は減少しないのが通常です。妊よう性が低下することがあり、特に両方の精巣に精巣炎が生じたり、精巣炎が思春期以降に起こったりした場合にその可能性があります。しかし、不妊症になることはまれです。

症状

ムンプスの男児または男性では、唾液腺が腫れてから4~7日後に精巣炎が発生します。精巣が腫れて痛みます。ときに両方の精巣が侵されます。発熱、吐き気、頭痛、筋肉痛もみられることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • 尿検査と血液検査

精巣炎の診断は通常、身体診察によって下されます。ムンプスウイルスや他の感染症を特定するために、ときに血液検査と尿検査を行います。ときに、精巣への血流を評価して(緊急事態である)精巣捻転の可能性を否定するために、ドプラ超音波検査を緊急で行うこともあります。

治療

  • 痛みを和らげる対策

  • ときに抗菌薬

精巣炎の治療は通常、床上安静や鎮痛薬と、陰嚢にアイスパックをあてて行います。細菌感染症の場合は適切な抗菌薬で治療します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP