Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

包茎と嵌頓包茎

執筆者:

Patrick J. Shenot

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

包茎と嵌頓包茎(かんとんほうけい)は、包皮の環状切除術を受けていない男性にのみ発生します。

包茎

包茎は包皮がきつく、めくって亀頭(円錐形をした陰茎の先端部分)を露出できない状態です。この状態は新生児や年少の男児では正常で、通常は治療しなくても5歳頃までに解消します。それよりも年長の場合は、亀頭と包皮への長期にわたる刺激または繰り返す炎症(亀頭包皮炎)によって、包茎になることがあります。包皮がきつく締まっていると、排尿や性行為の妨げになり、尿路感染症のリスクを高める可能性があります。

通常は環状切除術で治療します。ただし小児では、コルチコステロイドクリームを毎日2~3回塗布し、定期的に包皮を軽く伸ばす方法が効果的なことがあり、包皮環状切除術をしなくて済む場合もあります。このクリームは最長で3カ月間使用することがあります。

嵌頓包茎

嵌頓包茎(かんとんほうけい)は、めくれた包皮を亀頭にかぶせることができなくなった状態です。最もよく起こるのは、医療上の処置(カテーテル挿入など)の後や子どもの陰茎を清潔にした後、包皮をめくったままにしていた場合です。亀頭が腫れ、めくれた包皮にかかる圧力が増して元に戻らなくなります。圧力が増すとやがて陰茎への血流が妨げられ、包皮を引き戻さなければ陰茎組織が破壊されるおそれがあります。

嵌頓包茎は医学的な緊急事態で、直ちに治療を行う必要があります。応急処置としては、手で亀頭を圧迫して収縮させ、包皮をかぶせます。この方法がうまくいかなければ、陰茎に麻酔を施し、包皮に切れ目を入れて締めつけを緩和します。その後、環状切除術を行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP