Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

角膜軟化症

(乾性角膜炎、眼球乾燥症)

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

角膜軟化症とは、低栄養の人で食事中のビタミンAが欠乏している場合に、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)が乾いて濁る病気です。

  • ビタミンAの欠乏によって、角膜潰瘍や細菌感染症が引き起こされる可能性があります。

  • ビタミンAの欠乏によって、夜盲症(暗闇での視力低下)が起こる可能性があります。

  • 角膜軟化症の診断は、角膜の外観に基づいて下されます。

  • 治療として、 ビタミンAの欠乏を食生活の改善またはサプリメントで是正し、感染症には抗菌薬の点眼薬または軟膏を使用します。

角膜の病気に関する序も参照のこと。)

眼の内部の構造

眼の内部の構造

症状

結膜(まぶたの裏側と白眼部分を覆う膜)と角膜の表面が乾き、ときに角膜潰瘍(かいよう)や細菌感染症につながることがあります。涙腺も侵されるため、涙液層が減少してドライアイを引き起こします。極度のドライアイでは、結膜に泡沫(ほうまつ)状の斑点(ビトー斑)ができることがあります。網膜上のビタミンA欠乏症の影響により夜盲症(暗いと、ものがよく見えない状態)をきたす場合もあります。

診断

  • 医師による評価

角膜軟化症の診断は、栄養状態の悪い人における角膜の乾燥または潰瘍形成の有無に基づいて下されます。

治療

  • 抗菌薬の点眼薬または軟膏

  • ビタミンA欠乏症の治療と食習慣の改善

抗菌薬の点眼薬または軟膏は、感染症の完治に役立ちますが、食習慣の改善または栄養補助食品により ビタミンA欠乏症と低栄養を是正することも大切です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP