Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

眼部帯状疱疹

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

眼部帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水痘(すいとう)帯状疱疹ウイルスという、水痘帯状疱疹の原因ウイルスによる眼の感染症です。

  • 額のチクチク感、額と鼻の水疱、眼のうずき、眼が赤くなる、光への過敏、まぶたの腫れといった症状がみられます。

  • 医師は、帯状疱疹の発疹と眼の病変の徴候に基づいて帯状疱疹を診断します。

  • 帯状疱疹ワクチンは、水痘帯状疱疹ウイルスの再活性化の予防に役立ちます。

  • 帯状疱疹は抗ウイルス薬によって治療されます。

角膜の病気に関する序も参照のこと。)

水痘帯状疱疹ウイルスは、水痘(水ぼうそう)を引き起こします。一度感染すると、ウイルスは休眠(不活性)期に入り神経根内にとどまります。一部の人では、ウイルスが再活性化し、皮膚に広がって帯状疱疹を引き起こします。ウイルスが額や鼻に感染している人の約半数では眼にも感染が及び、その場合病変のある皮膚と同じ方の眼に症状が出ます。

症状

ほかの症状が現れる前に、額にチクチクする感覚が発生することがあります(前駆症状と呼ばれます)。

額の皮膚、ときには鼻の先が、小さく赤い水疱で覆われ、非常に強い痛みを伴います。

眼に感染すると、眼のうずき、眼が赤くなる、光への過敏、まぶたの腫れといった症状を引き起こします。角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)が感染し、炎症を起こすことがあります。何カ月も何年も経ってから、角膜が腫れ、重度の損傷で瘢痕(はんこん)化することもあります。角膜の後ろの組織に炎症が生じたり(ぶどう膜炎)、眼の内圧が上昇したり(緑内障)、角膜が感覚を失って傷が生じやすくなったりすることがあります。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

診断

  • 医師による評価

帯状疱疹の診断には、活動期の帯状疱疹の外観、特徴的な発疹の既往、または過去の帯状疱疹でできた古い瘢痕などが手がかりになります。

予防

水痘もしくは帯状疱疹にかかったことのあるなしにかかわらず、または旧式の帯状疱疹ワクチンを接種したことのあるなしにかかわらず、50歳以上の健康な人には新しい帯状疱疹ワクチンの接種が勧められます。旧式のワクチンは50%の人にしか効果がなかった一方で、新しいワクチンは90%以上の人に有効です。

治療

  • 抗ウイルス薬の内服

  • コルチコステロイドの点眼薬

  • 瞳孔を散大させる点眼薬

体の他の部位の帯状疱疹と同様に、早い段階でアシクロビル、バラシクロビル、またはファムシクロビルなどの抗ウイルス薬を服用すると、痛みを伴う発疹の期間を短縮できます。顔面に帯状疱疹が出て眼にも及ぶ危険性がある場合は、抗ウイルス薬で治療すると、眼の合併症のリスクが軽減します。

眼に炎症が生じた際には、コルチコステロイド(通常は点眼薬)が必要になることもあります。

シクロペントラートまたはアトロピンなどの点眼薬は、瞳孔を散大させるのに使用されます。これは重度の緑内障を予防し、眼の痛みを軽減する上で役立ちます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP