Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

フリクテン性角結膜炎

(フリクテン性結膜炎)

執筆者:

Melvin I. Roat

, MD, FACS, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

フリクテン性角結膜炎は、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)と結膜(まぶたの裏側と白眼部分を覆う膜)で細菌に対する免疫反応が起こることによって生じる眼の疾患です。

  • 眼の上に黄色味を帯びた灰色の小さな隆起物が形成されます。

  • 一般的な症状として、眼が赤くなる、かすみ目、明るい光への過敏、目の中に異物が引っかかっているような感覚がみられるほか、ときにまぶたの端に死滅した皮膚の破片が見えることがあります。

  • 医師は、眼の外観に基づいて、フリクテン性角結膜炎を診断します。

  • 治療は点眼薬またはまぶたのこすり洗いにより行います。

角膜の病気に関する序も参照のこと。)

眼の内部の構造

眼の内部の構造

フリクテン性角結膜炎は、感染症ではありません。これは、眼または眼の周囲に存在する細菌への免疫反応です。病気の引き金となる細菌には、ブドウ球菌のほか、まれに結核菌、クラミジア Chlamydiaなどがあります。この病気は小児により多くみられます。多くの人に、眼が赤くなる、かすみ目、明るい光への過敏、目の中に異物が引っかかっているような感覚がみられるほか、ときにまぶたの端に死滅した皮膚の破片が見えることがあります(脂漏性眼瞼炎)。

症状

輪部(結膜が角膜に付着する部位)周辺の角膜上または結膜上に、小さな黄灰色の隆起(小さな水疱)が現れます。この隆起は数日から2週間続きます。結膜上では、この隆起がその後ただれ(潰瘍[かいよう])になりますが、瘢痕(はんこん)を残さず完治します。角膜に病変がかかると、激しい流涙(りゅうるい)、羞明(しゅうめい、眼に光が当たったときの眼痛)、かすみ目、うずき、眼に異物が入っているかのような感覚(異物感)に気づくことがあります。

再発がたびたび起こると、角膜がくもったり、角膜を横切る微小血管が現れたりします。視覚が障害されることもあります。

診断

  • 医師による眼の評価

フリクテン性角結膜炎の診断は、典型的な眼の外観に基づいて下されます。

医師は、結核がないか検査することもあります。

治療

  • コルチコステロイド/抗菌薬の点眼薬

  • 脂漏(しろう)性眼瞼炎に対し、まぶたのこすり洗い

結核のない人には、コルチコステロイドと抗菌薬を配合した点眼薬が処方されます。

皮膚の病気である脂漏性皮膚炎による眼瞼炎(脂漏性眼瞼炎)のある人は、まぶたの縁をやさしくこすると、再発の予防に役立ちます(眼瞼炎の治療を参照)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP