Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

中毒性弱視

(栄養性弱視)

執筆者:

James Garrity

, MD, Mayo Clinic College of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

中毒性弱視とは、低栄養、または鉛、メタノール(木精)、エチレングリコール(不凍液)、ある種の薬などの視神経に有害な物質にさらされることにより、視神経が損傷されることをいいます。

  • 中毒性弱視の原因の多くは、栄養不良または有害物質です。

  • 視力は通常、徐々に低下します。

  • 毒性物質にそれ以上さらされないようにするか、栄養補助食品を摂取する必要があります。

視神経の病気の概要も参照のこと。)

原因

中毒性弱視は栄養欠乏、特にビタミンB1やB12または葉酸の欠乏によって起こることがあります(そのため、ときに栄養性弱視と呼ばれます)(ビタミンの概要も参照)。アルコール依存症患者は特に栄養性弱視になりやすい傾向があります。その場合、実際の原因はおそらくアルコールの毒性ではなく低栄養であると考えられます。

まれに、中毒性弱視が薬(クロラムフェニコール、イソニアジド、エタンブトール、ジゴキシンなど)または毒性物質(鉛、エチレングリコール[不凍液]、もしくはメタノール[木精])によって起こることがあります。

症状

中毒性弱視では、視力が数日から数週間かけて徐々に低下します。盲点が現れ、徐々に大きくなることがあります。最初は症状に気づかない場合もあります。毒素にさらされたことまたは栄養欠乏が原因の視力障害は、両眼に発生するのが普通です。

エチレングリコールや、特にメタノール中毒は、突然、失明を引き起こすことがあります。いずれの物質も、昏睡、呼吸困難、嘔吐(おうと)、腹痛など他の重篤な症状を引き起こすことがあります。

知っていますか?

  • 不凍液(エチレングリコール)またはメタノール(木精)を飲むと、突然、失明することがあります。

診断

  • 医師による評価のほか、ときに検査

医師は、低栄養または毒性物質や化学物質への曝露の経歴、眼の症状、視力検査の結果に基づいて中毒性弱視の診断を下します。ときに、毒素またはビタミンの欠乏についての検査を行います。

予後(経過の見通し)

迅速な治療を行うと、中毒性弱視ではほとんどの場合、失われた視力がある程度は回復します。

治療

  • 低栄養またはアルコール摂取に対し、ビタミンのサプリメントとアルコールの回避

  • 薬または毒素に起因する症状の治療(鉛に対してキレート剤、エチレングリコールまたはメタノールに対して血液透析やホメピゾールなど)

中毒性弱視ではアルコールおよび毒性がある可能性のある化学物質や薬を避ける必要があります。アルコール摂取または低栄養が原因の場合、アルコール摂取を止め、バランスのとれた食事をとるとともに、葉酸とビタミンBを含むサプリメントを摂取します。しかし、原因が主としてビタミンB12欠乏症である場合、栄養補助食品のみの治療では不十分です。ビタミンB12欠乏症は、ビタミンB12の注射で治療するのが普通です。

鉛が原因である場合は、鉛を体外に排出するのを促すために、サクシマー(succimer)またはジメルカプロール などのキレート剤が役立ちます。

エチレングリコール中毒またはメタノール中毒が原因の場合は、血液透析またはホメピゾール(あるいは代わりにアルコール)による迅速な治療が役に立つことがあります。

視力障害のある人が利用できる補助具(ロービジョンエイド)として、ルーペ、拡大読書器、音声付き腕時計などがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP