Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

高血圧網膜症

執筆者:

Sonia Mehta

, MD, Vitreoretinal Diseases and Surgery Service, Wills Eye Hospital, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

高血圧網膜症とは、高血圧が原因で網膜(眼の奥にある光を感じる透明な構造物)に損傷が生じる病気です。

血圧が高くなると(高血圧と呼ばれる状態になると)、網膜が損傷することがあります。高血圧が網膜の毛細血管に損傷を与えると、血管の壁が厚くなり、血管内を流れる血液の量が減少します。その結果として、網膜へ供給される血液の量が減少します。血液の供給が不足した部分に、小さな島状の網膜損傷が生じることがあります。

高血圧網膜症が進行すると網膜の中に血液がにじみ出ることがあります。これらの変化により視力障害が徐々に進みます。特に、網膜の中心部にある黄斑(おうはん)にこういった変化が起こると、視力が大きく損なわれます。軽度の高血圧であっても、長年にわたって治療しないでいると網膜の血管が損傷することがあります。

血圧が危険なレベルまで高くなると(高血圧緊急症)、網膜の静脈に拡張やねじれが起こり、乳視神経乳頭(視神経が網膜とつながっている部分)に腫れが生じることがあります(乳頭浮腫)。

診断

  • 医師による眼の診察

検眼鏡で高血圧がある人の網膜を観察すると、特徴的な損傷を見つけることができます。網膜血管の損傷の程度は、脳、心臓、腎臓など、高血圧の影響を受けた他の臓器の血管損傷の程度と相関する傾向があります。血圧が極めて高い場合は、視神経乳頭が腫れているのが見えることがあり(乳頭浮腫と呼ばれます)、これは緊急の治療が必要であることを意味します({blank} 高血圧の分類)。

知っていますか?

  • 眼は、医師が日常的に動脈と深部の静脈を直接(検眼鏡を使って)見ることのできる唯一の器官です。これらの血管の外観から、高血圧と動脈硬化が体内の他の血管に及ぼしている影響を知ることができます。

治療

  • 高血圧を治療する方法

高血圧網膜症の治療の目標は、長期的に血圧を下げることです。まれに、血圧が非常に高く生命を脅かす場合は、視力を守り、脳卒中、心不全、腎不全、心臓発作といった他の合併症を防ぐため、緊急治療を要することがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP