Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

眼窩隔膜前蜂窩織炎

(眼窩周囲蜂窩織炎)

執筆者:

James Garrity

, MD, Mayo Clinic College of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

眼窩隔膜前蜂窩織炎(がんかかくまくまえほうかしきえん)は、まぶた、および眼の前方周囲の皮膚と組織の感染症です。

眼窩の病気に関する序も参照のこと。)

眼窩隔膜前蜂窩織炎も眼窩蜂窩織炎も小児により多くみられます。眼窩隔膜前蜂窩織炎は、眼窩蜂窩織炎よりはるかに一般的です。しかし、眼窩蜂窩織炎の方が危険です。

眼窩隔膜前蜂窩織炎は多くの場合、顔面またはまぶたの感染症、昆虫や動物の刺し傷による感染、結膜炎、麦粒腫(ばくりゅうしゅ、俗称ものもらい)、または副鼻腔炎などが広がって起こります。

症状

眼窩隔膜前蜂窩織炎では、眼の周りの組織が腫脹し、熱を帯び、圧痛を伴い、通常は赤くなります。発熱することもあります。ときにまぶたの腫れがあまりにひどいため、眼を開けにくくなることがあります。しかし、眼を開いても、視覚や眼球運動に障害はなく、眼球も突出していません。

診断

  • 医師による評価

  • CT(コンピュータ断層撮影)検査またはMRI(磁気共鳴画像)検査

たいていの場合、症状から眼窩隔膜前蜂窩織炎と診断できますが、ときに、もっと深刻な感染症である眼窩蜂窩織炎も診断の候補に挙がることがあります。その場合は、CT検査またはMRI検査が行われます。

治療

  • 抗菌薬

眼窩隔膜前蜂窩織炎の治療は、抗菌薬(例えば、アモキシシリンとクラブラン酸の併用)の内服です。感染症が非常に重症の場合や、薬を服用できない場合は、入院が推奨され、抗菌薬が静脈から投与されます。眼科医(眼疾患を専門とする医師)が綿密なモニタリングを行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP