Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

飛蚊症

執筆者:

Christopher J. Brady

, MD, Wilmer Eye Institute, Retina Division, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

飛蚊症(ひぶんしょう)は、外界に対応する物がないにもかかわらず、視界にほこりや糸くずのようなものが見える現象です。飛蚊症はよくみられる症状です。

原因

飛蚊症は、外界から来る光以外の何かが網膜を刺激したときに起こります。網膜は、眼の奥にある光を感じる構造物です。網膜は、この刺激を受け取り、脳に信号を送ります。脳はこの信号を受け取り、視界に浮かぶ物体と解釈したり(飛蚊症)、稲妻、スポットライト、または星のように突然ピカッと走る光と解釈したり(光視症)します。光視症は、眼を擦ったときなどに起こります。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

飛蚊症の最も一般的な原因は以下のものです。

  • 眼球を満たすゼリー状の物質(硝子体[しょうしたい])が縮むこと

およそ50~75歳の間に、硝子体は縮み、ときおり網膜を引っ張るようになります。網膜は引っ張られることにより刺激され、光や物の幻影を写し出し、飛蚊症をもたらします。このような飛蚊症(特発性の飛蚊症)は無害です。あまり一般的ではありませんが、硝子体が網膜から完全に離れてしまうこともあります(硝子体剥離)。

あまり一般的ではないものの深刻な原因としては以下のものがあります。

  • 網膜の裂け

  • 硝子体の剥離

  • 硝子体への出血

  • 硝子体の炎症

ときに、片頭痛が視覚症状を引き起こすことがあります。この視覚症状は、白くギザギザした点滅する光の筋が、まず視野の中心に現れ、その後視野全体に広がります(飛蚊症のように個々の物体が見えるわけではありません)。これは通常、20分ほど経つと、視野の周辺から消え始め、最後に視野の中心から消え去ります。この視覚症状には、頭痛が伴わないこともあります。こうした症状を眼性片頭痛といいます。同様の症状、または片眼の部分的な視力障害が約10~60分続くこともあり、その後にしばしば片頭痛が始まります(片頭痛の前兆と呼ばれます)。このような症状は網膜ではなく、脳内の現象が原因で起こっています。

眼の腫瘍(例えば、リンパ腫)および硝子体炎(硝子体の炎症)は、飛蚊症のまれな原因です。眼に異物が入ったときも飛蚊症がみられることがありますが、そのような場合は通常、視力障害眼痛、または眼が赤くなるといった症状の方が厄介です。

icon

飛蚊症の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

心配する必要のない眼疾患

硝子体の収縮による飛蚊症(眼球内部の後方部分を満たしているゼリー状の物質[硝子体]が縮むことによる飛蚊症)

少量の、小さな、透明のかたまりまたは糸くずのようなものが、

  • ときおり視野に現れる

  • 眼を動かすと同時に動く

  • 特定の光(明るい日光など)の下で顕著になる

  • 両眼に起こることがある(両眼同時に起こるとは限らない)

飛蚊症の量や種類は最近変化していない

視力に影響がない

医師の診察

重篤な眼疾患

稲妻、スポットライト、または星のように突然ピカッと光が走り(光視症)、持続または再発する

眼の一部の領域の視力障害。通常は眼の端の視野(周辺視野)が影響を受ける

カーテンのように視野を横切る視力障害

ときに、網膜剥離の危険因子(最近の眼のけが、眼の手術、重度の近視など)がある人にみられる

眼科医の診察

網膜の裂け

光視症

ときに、周辺視野のみの症状

眼科医の診察

硝子体の網膜からの剥離

1~3週間の間に飛蚊症の量が増え、通常は高齢者にみられる

クモの巣に似た飛蚊症

1つの大きな物体が視野から出たり入ったりするように見える

現れては消える光視症

眼科医の診察

硝子体出血(硝子体への出血)

この病気の危険因子(糖尿病、網膜の裂け、鎌状赤血球症、または眼のけがなど)をもつ人にみられる

通常、(1~数箇所にとどまらず)視野全体に及ぶ視力障害

眼科医の診察

ときに、網膜の超音波検査

硝子体の炎症(トキソプラズマ Toxoplasma原虫、真菌、まれにサイトメガロウイルスなどが眼に感染したときや自己免疫疾患によって起こる)

痛み

視野全体に及ぶ視力障害

両眼にみられることがある

これらの感染症の危険因子がある人(エイズやその他の免疫系の機能を弱める病気)にみられる

ときに、感染症の原因微生物を検出する検査

眼以外の病気

眼性片頭痛(眼に症状を引き起こす片頭痛)

ギザギザの光の筋が、まず視野の中央に現れ、外側に広がり、約20分後に消失する

ときに、視野中央のかすみ

ときに、視覚障害に続いて頭痛

ときに、片頭痛があると分かっている人にみられる

医師の診察

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。特記しない限り、ここに挙げられた特徴はすべて片眼にのみ起こるものです。

評価

すべての飛蚊症が、医師による緊急の評価を必要とするわけではありません。以下では、どのようなときに医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

飛蚊症がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 飛蚊症が突然増えた

  • 稲妻のような閃光が繰り返し見える

  • 完全な視力の喪失または部分的な視力障害(しばしば、視野の一部が影またはカーテンに覆われているように見えると言われる)

  • 最近の眼の手術または眼のけが

  • 眼痛

受診のタイミング

ほとんどの飛蚊症は重篤なものではありませんが、警戒すべき徴候がみられる人は、直ちに眼科医の診察を受ける必要があります。そのような人は、硝子体または網膜の重篤な病気である可能性があり、数日、ときに数時間受診が遅れただけで、恒久的な視力障害につながることもあります。軽度の飛蚊症があるものの、警戒すべき徴候はみられない場合は、都合のよいときに医師の診察を受けるべきですが、数日またはそれ以上受診が遅れたからといって問題になることはほとんどありません。ときおり飛蚊症がみられるものの、ほかに症状のない人は、頃合いを見て眼科を受診する必要がありますが、そのタイミングはそれほど重要ではありません。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、飛蚊症の原因と必要になる検査を推測することができます( 飛蚊症の主な原因と特徴)。

医師は、飛蚊症の症状を説明するよう患者に求め、以下の点について質問します。

  • いつ飛蚊症に気づきましたか

  • どのような特徴がありますか(例えば、形、動き、再発するかどうか)

  • 飛蚊症があるのは片眼だけですか、それとも両眼にみられますか

  • チカチカする光が見えたり、視界の一部が欠けるまたはカーテンに覆われているように見えたりしませんか

  • 眼にけがをしたり眼の手術をしませんでしたか

  • 他の症状(かすみ目、眼が赤くなる、眼痛、または頭痛など)はありませんか

  • 近視ですか

  • 視覚に影響を及ぼす病気(糖尿病、エイズなどの免疫系の病気など)はありませんか

眼の診察は、身体診察の中で最も重要です。医師は、見え方の鮮明さ、眼の動き、瞳孔の光への反応を確認します。眼が赤くなっていないか、また視力が障害されている視野の領域がないかも確認します。

眼の診察で最も重要なのは眼底検査です。医師はまず、点眼薬を使って瞳孔を散大させます。 そして、検眼鏡(眼の奥を照らすライトの付いた拡大鏡、)で眼の中を観察し、特に網膜はできる限り隅々まで調べます。飛蚊症の原因として重篤なものが疑われる場合、眼科医による評価を受けることが重要です。眼科医とは、眼の病気の評価と(手術を含む)治療を専門とする医師のことです。

麻酔薬の点眼薬をさしてから、眼の内部の圧(眼圧)を測定します。

医師は、フルオレセイン染色の点眼薬を投与して、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(拡大鏡下に眼を診察できる器具、)で眼全体を観察します。

検査

飛蚊症のあまり深刻でない原因であれば、しばしば診察中に特定できますが、深刻な原因が疑われる場合、診断を下すために眼科医に紹介されます。眼科医とは、眼の病気の評価と(手術を含む)治療を専門とする医師のことです。眼科医は、より詳細な眼底検査を行い、他の検査を指示することもあります。例えば、感染症による硝子体の炎症に対しては、疑われる原因微生物を特定する検査が必要です。

治療

  • 硝子体の収縮による飛蚊症に治療は不要

  • ときに硝子体切除術

  • その他の原因に対する治療

硝子体の収縮による飛蚊症は、眼球内部の後方部分を満たしているゼリー状の物質[硝子体]が縮むことによる飛蚊症で、治療の必要はありません。

ときに、飛蚊症が激しく、視力を妨げている場合、中空の針を使って硝子体を眼から除去し、食塩水で置き換えることがあります。この手術は硝子体切除術と呼ばれます。しかし、硝子体切除術により、網膜の剥離または白内障をきたすおそれがあり、またときに処置後も飛蚊症が残ることがあるため、多くの医師は飛蚊症に対して硝子体切除術を行うべきではないと考えています。

症状を引き起こす別の病気があれば治療します。例えば、剥離した網膜を修復するため、手術が行われます。硝子体の炎症を引き起こしている感染症には、抗菌薬などが使用されます。

要点

  • 飛蚊症の患者で警戒すべき徴候がない場合、重篤な病気であることはほとんどありません。

  • 飛蚊症の患者に警戒すべき徴候がみられる場合は、眼科医への紹介が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP