Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

複視

執筆者:

Christopher J. Brady

, MD, Wilmer Eye Institute, Retina Division, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

複視とは、1つの物が二重に見えることをいいます。複視は片眼だけを開けているときに起こることもありますが(片眼複視)、より一般的なのは、両眼を開けているときに起こる複視(両眼複視)です。両眼複視は、どちらかの眼を閉じるとなくなります。複視の原因によっては、眼痛、眼球の突出、または筋力の低下などの他の症状がみられることもあります。

原因

単眼複視は、眼の表面から網膜(眼の奥にある光を感じる構造物)へ至る光の伝達が何かによってゆがめられたときに起こります。物が三重以上に見えることもあります。複数見える像のうち、1つの像は質(例えば、明るさ、コントラスト、明瞭さ)が正常で、もう1つの像(または残りすべての像)は質が劣っています。

片眼複視の最も一般的な原因は以下のものです。

  • 眼のレンズの濁り(白内障

  • 角膜の形の問題(例えば、円錐角膜といって、角膜が正常な丸い形ではなく円錐のような形になってしまうこと)

  • 未矯正の屈折異常(通常は乱視)

屈折異常があると、光線が網膜上に像を結ばなくなります。 乱視は、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)の曲率の異常が原因で起こる屈折異常です。

片眼複視のその他の原因には、角膜の瘢痕(はんこん)や水晶体の位置のずれなどがあります。

両眼複視がある場合、両眼が同じ対象物に向いていない可能性があります。正常であれば、それぞれの眼は対象の像を別々に受け取っているにもかかわらず、単一の像しか見えません。単一の像を見るためには、両眼が同時に同じ物に向くようにそろっていなければなりません。両眼がうまくそろっていなければ、2つの像が見えますが、このとき2つの像の質は同じです。ときに、両眼をある方向(例えば、左、右、上、または下)に大きく動かしたときにだけ両眼複視が現れることがあります。

両眼複視の原因となりうるものは数多くあります。最も多いのは以下のものです。

  • 眼を動かす筋肉を制御する神経(第3、4、6脳神経)の麻痺

  • 眼の動きが物理的に妨げられること

両眼が同じ方向を向かないことの原因として最も一般的なのは、外眼筋と呼ばれる、眼を動かす筋肉を支配する脳神経の病気です。特定の筋肉だけが麻痺することもあり、原因が分からないこともあります。分かっている原因としては主に、神経による筋肉の制御を阻害する病気などがあります。例えば、重症筋無力症ボツリヌス症ギラン-バレー症候群などの病気は、全身の筋肉を侵すため、眼を動かす筋肉も影響を受けます。

眼の動きを物理的に妨げるものがあると、両眼がうまくそろわず、複視が生じます。例として、眼窩(がんか)の骨折部に眼の筋肉が挟まって動かなくなること、バセドウ病という甲状腺の機能が亢進する病気などで異常な組織が眼窩内に蓄積すること、などが挙げられます。

icon

両眼を開けているときにみられる複視の主な原因

原因

一般的な特徴*

検査

神経系による眼の筋肉の制御を妨げる病気

しばしば、高齢者やこれらの病気の危険因子(高血圧、動脈硬化、糖尿病)がある人にみられる

ときに、話し方が不明瞭になる、筋力低下、歩行困難

MRIまたはCT検査

動脈のこぶ(動脈瘤)や腫瘍などの腫瘤による神経の圧迫

しばしば痛み(動脈瘤によるものであれば突然の痛み)やその他の神経系の機能障害の症状(筋力低下、協調運動障害、皮膚の感覚異常)

脳のMRIまたはCT検査(直ちに行われる)

眼または眼の周りの構造物の炎症または感染症(例えば、膿瘍[のうよう]、副鼻腔炎、まれに頭蓋骨底部の海綿静脈洞の血栓を伴う)

常に痛みがある

ときに発熱、悪寒、疲労、顔面の感覚消失や、眼球の突出

CTまたはMRI検査

通常、健康状態が比較的良好な期間と症状が悪化する期間が交互にみられる

筋力低下が日毎に現れたり消えたりする

チクチク感、しびれ、痛み、灼熱感、かゆみなどの異常感覚

動きのぎこちなさ

片脚または片手の力が落ちる、または器用な動きができなくなる(そのとき片脚または片手がこわばることもある)

病気が進行するにつれ、ふるえ、部分的または完全な麻痺、筋肉の不随意な収縮(けい縮—ときに痛みを伴うけいれんを引き起こす)

話し方が遅く、不明瞭になる

排尿や排便に伴う問題

脳および脊髄のMRI検査

複視が現れたり消えたりする

発話困難または嚥下困難

筋力低下

筋肉を繰り返し使うと筋力が低下する

重症筋無力症の症状を軽減する薬を注射した後に、筋力検査をする(エドロホニウム試験)

長期にわたるアルコール乱用歴

動きのぎこちなさ、協調運動障害、錯乱

医師の診察

眼の動きを阻害する病気

バセドウ病(眼の周りの筋肉と組織が厚くなる病気[浸潤性眼症(infiltrative ophthalmopathy)と呼ばれる]であり、甲状腺の機能が亢進している人に最もよくみられ、甲状腺の機能が正常な人ではまれな病気)

眼球の突出、しばしば眼の痛みまたは刺激感、涙目、光への過敏、甲状腺の腫大(甲状腺腫)、すねの皮膚の肥厚

血液検査による甲状腺機能の評価

けがによる眼窩の骨折や血液の貯留(血腫)など

痛み

最近眼にけがをした人にみられる

CTまたはMRI検査

腫瘍(頭蓋骨の底部付近、副鼻腔、または眼窩[眼窩腫瘍と呼ばれます])

しばしば、眼の動きとは無関係な痛み、片眼の突出、ときに他の神経系の機能障害の症状

MRIまたはCT検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

痛みがあるかどうかは、原因によって異なります。

CT = コンピュータ断層撮影、ECG = 心電図検査、MRI = 磁気共鳴画像。

評価

複視の原因には軽いものもありますが、なかには非常に重篤なものもあります。以下では、どのようなときに医師の診察を受けるべきか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

複視がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 複視以外に、神経系の機能障害が疑われる症状(例えば、筋力低下もしくは麻痺、しびれ、発話もしくは言語の問題、嚥下[えんげ]困難もしくは歩行困難、回転性めまい、頭痛、失禁、または巧緻[こうち]運動障害[動きのぎこちなさ])

  • 眼痛

  • 眼球の突出(眼球突出)

  • 最近の眼または頭のけが

  • 両眼複視

受診のタイミング

複視がみられる場合は、たとえ一時的なものでも、必ず医師の診察を受ける必要があります。警戒すべき徴候がみられる人は、直ちに(通常は救急外来で)医師の診察を受ける必要があります。複視があるすべての患者は、たとえ複視が消失した場合でも、できるだけ早く(通常は数日以内に)医師の診察を受けてください。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察の結果から、しばしば複視の原因が示唆されたり、どのような検査を行うべきかの指針が得られたりします( 両眼を開けているときにみられる複視の主な原因)。

医師は、症状が片眼のみか両眼にみられるのか、常にあるのか現れたり消えたりするのかを知ろうとします。また、2つの像が横に並んでいるか縦に並んでいるか、特定の方向を見たときにだけ複視が現れるかどうかについて質問します。さらに、眼痛、額または頬のしびれ、顔面の筋力低下、回転性めまい、嚥下または発話の問題などがないかについても尋ねます。これらの症状は、脳神経の病気を示している可能性があるためです。その他の神経系の症状や他の病気の症状がないかについても尋ねられます。

眼の診察は、身体診察の中で最も重要です。医師は患者の視力を確認します。片眼または両眼が突出していないか、まぶたが垂れ下がっていないかよく見て確認し、瞳孔が光にどのように反応するかを評価します。医師は指を上下および左右いっぱいまで動かしながら、患者に眼で指の動きを追わせ、眼の動きを評価します。 そして、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(拡大鏡下に眼を診察できる器具)や検眼鏡を用いて眼の内部の構造を観察します。

症状と診察の結果から、可能性の高い原因に関する有用な情報が得られます。例えば、複視が現れたり消えたりし、神経系の機能障害が疑われる症状があれば、重症筋無力症や多発性硬化症が有力候補に挙げられます。両眼が同じ方向を向かない場合は、どの方向を見たときに複視が起こるかによって、どの脳神経の機能障害があるかが分かることがあります。

検査

片眼に複視がある人は、通常、眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)に紹介されます。紹介される前の検査は不要です。眼科医は、患者の眼を注意深くに診察して、眼疾患がないかを確認します。

両眼に複視がある人は、たいていの場合、さらなる検査が必要です。両眼複視の原因となりうる病気は数が多いためです。どの検査を行うかは、病歴や身体診察の結果によって異なります。

たいていの人では、MRIまたはCT検査を行い、眼窩、頭蓋骨、脳または脊髄に異常がないかを調べる必要があります。感染症、動脈瘤、または脳卒中が原因と考えられる場合は、直ちに画像検査を行わなければならない可能性があります。

バセドウ病の症状(眼球の突出、眼痛、涙目、甲状腺の腫大など)がある人では、甲状腺の検査(サイロキシン[T4]や甲状腺刺激ホルモン[TSH]の血清濃度測定)が行われます。重症筋無力症や多発性硬化症の検査が必要になることもあり、特に複視が現れたり消えたりする人ではこれらの病気の有無を調べる必要があります。

すべての人に検査が必要なわけではありません。治療をしなくても複視がなくなる例もあります。症状や診察の結果から重篤な原因はないと考えられる場合、医師は検査を勧める前に、数週間待って、その間に複視がなくなっていないか定期的に確認することを勧める場合があります。

治療

  • 原因の治療

複視を治療する最善の方法は、基礎疾患を治療することです。

要点

  • 複視に加え、突然の重度の痛み、けが、または神経系の機能障害の症状がある人は、一般に、救急外来を受診する必要があります。

  • 複視は自然に消失することもありますが、それでも医師の診察を受ける必要があります。

  • 診察で最も重要なのは眼の診察ですが、画像検査が必要なこともあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP