Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

眼球の突出

執筆者:

Christopher J. Brady

, MD, Wilmer Eye Institute, Retina Division, Johns Hopkins University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

眼球が前に飛び出したり押し出されたりすることを、眼球突出と呼びます。 眼球突出という言葉は、甲状腺の活動が過剰になった状態(甲状腺機能亢進症)を引き起こすバセドウ病によって、眼球が前方に飛び出した状態を指して用いられるのが通常です。眼球の突出は、眼が大きいことではありません。 クッシング病や重度の肥満などは、顔貌や眼の外観を変えることがありますが、真の眼球の突出が起こることはありません。

眼球の突出が、他の症状を引き起こすこともあります。眼球が突出していると、まぶたをしっかり閉じることができないため、眼が乾き、刺激されます(その結果、涙目になります)。また、まばたきの回数が少なくなり、凝視しているかのように見えることがあります。眼球の突出の原因に応じて、複視または物に焦点を合わせられないなどの他の症状がみられる場合もあります。眼球の突出が長引くと、視神経が引き伸ばされ、視覚が障害されることがあります。眼球の突出の原因疾患が、視神経を圧迫することもあり、その結果視覚が障害されることもあります。

原因

成人における最も一般的な原因バセドウ病で、眼の後ろや周りの組織が腫れることにより、眼球が前に押し出されます。小児で最も一般的な原因は感染症です。

あまり一般的ではない原因として、腫瘍、出血、感染症(成人の場合)のほか、まれに感染症を伴わない眼窩(がんか)内の構造物の炎症(眼窩偽腫瘍)などがあります。生まれつき緑内障がある場合は(原発性乳児緑内障)、眼が大きくなるため、眼が前に押し出されているかのように見えることがあります。

icon

眼球の突出の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

眼症状:痛み、涙目、乾燥、刺激感、光への過敏、複視、視力障害

通常、両眼に現れる

全身症状:動悸、不安、食欲亢進、体重減少、下痢、暑さに耐えられない、発汗の増加、不眠

血液検査による甲状腺機能の評価

  • ときにCTまたはMRI検査

眼窩蜂窩織炎(がんかほうかしきえん、眼窩内の組織の感染症)

片眼のみ

眼が赤くなる、眼の奥の痛み、眼を動かしたときの痛み、眼の中や眼の周りのうずき

まぶたの腫れと発赤

眼をすべての方向に動かせない

視覚障害または視力障害

発熱

ときに、副鼻腔炎の症状が先に現れる

CTまたはMRI検査

眼窩内の腫瘍(良性または悪性)や血管の奇形などの腫瘤

片眼の視力障害または視力低下、眼痛

ときに複視または頭痛

MRIまたはCT検査

球後出血(眼窩内の出血)

通常、片眼のみ

症状が突然起こる

視力障害、複視、眼痛

最近眼の手術もしくは眼のけがをした人または出血性疾患のある人にみられる

直ちに、CT検査または治療

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、MRI = 磁気共鳴画像。

評価

以下では、どのようなときに医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

眼球の突出がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 視力障害または視力の低下

  • 複視

  • 眼痛または眼の発赤

  • 頭痛

  • 発熱

  • 突出した眼球の拍動

  • 新生児や小児における眼球の突出

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられる人や、数日以内に眼球突出が現れた人は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。警戒すべき徴候がみられない人は、受診できるときに受診するべきですが、1週間程度の遅れが問題になることはありません。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、眼球の突出の原因と必要になる検査を推測することができます( 眼球の突出の主な原因と特徴)。

医師は以下のことを質問します。

  • 眼球の突出はいつからありますか

  • 両眼が突出していますか

  • 突出が悪化していると思いますか

  • 他の眼の症状、例えば、乾燥、涙の分泌の増加、複視、視力障害、刺激感、痛みなどはありませんか

  • 甲状腺機能亢進症の症状、例えば、暑さに耐えられない、発汗の増加、不随意な振戦(ふるえ)、不安、食欲亢進、下痢、動悸、体重減少などはありませんか

急速に(数日以内に)現れた眼球の突出では、数年かけて現れた眼球突出と別の原因が疑われます。片眼に急速に現れた眼球の突出では、眼窩の出血が疑われます。眼窩の出血は、眼の手術またはけが、眼窩の感染または炎症の後などに発生します。ゆっくり現れる眼球の突出では、(両眼に現れた場合)バセドウ病または(片眼のみの場合)腫瘍が疑われます。

身体診察では、眼の診察に重点が置かれます。 医師は、細隙灯(さいげきとう)顕微鏡(拡大鏡下に眼を診察できる器具、)を使って、眼が赤くなっていないか、ただれや炎症がないかを観察します。患者が下を見たときに、まぶたが眼球と同じ速さで動くかどうか、凝視があるかどうかも確認します。まぶたの動きが遅く、凝視があれば、バセドウ病が疑われます。

医師はまた、甲状腺機能亢進症を示すその他の徴候、例えば、心拍数または血圧の上昇、振戦、首にある甲状腺の腫脹または圧痛などがないかも確認します。

検査

医師は、器具を用いて眼球がどの程度突出しているかを測定することがあります(眼球突出度測定)。片眼のみが突出している場合は、しばしばMRIまたはCT検査が行われます。バセドウ病が疑われる場合は、血液検査を行い、甲状腺の機能を測定します。

治療

  • 人工涙液

  • 原因の治療

眼球が突出しているために重度のドライアイをきたしている場合は、角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)を保護するために人工涙液を配合した潤滑剤が必要な場合があります。ときに潤滑剤でも不十分な場合は、眼をよりしっかり覆うため、または眼球の突出を軽減するための手術が必要になることがあります。

このほかの治療は、眼球が突出する原因によって決まります。例えば、感染症には抗菌薬が投与されます。バセドウ病による眼球の突出は、甲状腺の異常に対する治療で改善しませんが、時間の経過とともに軽減していく可能性があります。バセドウ病または眼窩偽腫瘍による腫れを抑えるために、コルチコステロイド(プレドニゾン[日本ではプレドニゾロン]など)が役立つことがあります。腫瘍は外科的に切除しなければなりません。

要点

  • 成人において、眼球が突出する最も一般的な原因はバセドウ病です。

  • 頭痛、発熱、眼痛、または視力の変化がある人は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

  • 片眼のみの突出は、両眼の突出に比べてバセドウ病の懸念が強くなります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP