Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

屈折異常

執筆者:

Deepinder K. Dhaliwal

, MD, L.Ac, University of Pittsburgh School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

屈折異常があると、眼に入った光線は網膜の上に正しく焦点を結ばず、かすみ目(霧視[むし])の原因となります。

  • 眼もしくは角膜の形または加齢による水晶体の硬化によって、眼の焦点を合わせる能力が低下することがあります。

  • 遠くの物、近くの物、または両方とも、かすんで見えることがあります。

  • 眼科医またはオプトメトリストが、視力を矯正する最善の方法を判定します。

  • 視力は、眼鏡、コンタクトレンズ、または屈折矯正手術によって矯正できます。

屈折について理解する

眼に入る光線は通常、角膜と水晶体で曲げられる(屈折する)ことによって網膜の上で焦点を結びます。屈折異常があると、光線が網膜上に焦点を結ばなくなります。屈折異常は、眼鏡、コンタクトレンズ、または手術で矯正できます。

屈折について理解する

視力の正常な人は、くっきりした鮮明な像を見ることができます。これは角膜と水晶体が眼の中に入ってくる光線をうまく曲げて(屈折させて)、網膜の上に焦点を結ばせているからです。角膜は形が変化しませんが、水晶体はその厚さを変化させて様々な距離に焦点を合わせています。水晶体は球状になることで、近くの物に焦点を合わせ、扁平になることで、遠くの物に焦点を合わせます。角膜と水晶体が網膜上にはっきりした像を結べなくなった状態を、屈折異常と呼びます。

知っていますか?

  • 水晶体は柔軟に形を変えることで様々な距離に焦点を合わせることができますが、およそ43歳以降になると、この柔軟性が失われ始めます。

原因

水晶体と角膜が光線を屈折させて網膜上に正しく焦点を結べなくなる原因には、いくつかあります。

近視(近眼)は、角膜と水晶体の屈折力に対して眼球が長すぎる場合に起こります。比較的長い眼球の奥行と、角膜の曲率が相まって、光が網膜上ではなく網膜より前で焦点を結び、遠くの物が見えにくくなります。小児では、成長が止まるまで近視が進行することがよくあります。

遠視(遠眼)は、角膜と水晶体の屈折力に対して眼球が短すぎる場合に起こります。眼球が比較的短いため、光が網膜より後ろで焦点を結びます。小児や若年成人で遠視が軽度の場合は、水晶体の柔軟性に補われて光が網膜上に正しく焦点を結ぶことで、鮮明な像を見ることができます。しかし、加齢に伴い、水晶体は硬化します。そのため、遠視の成人が年齢を重ねるにつれ、近くの物は明らかに見にくくなり、遠くの物も見にくくなります。近くの物は、薄暗いところではよりかすんで見えます。

乱視とは、角膜または水晶体の形にゆがみがある場合(完全な円形または球形ではない場合)で、距離にかかわらず物がかすんで見えます。

不同視とは、左右の眼で屈折異常が著しく異なることです。

老視は、加齢に伴って起こります。40代前半または中盤にさしかかると、水晶体は徐々に硬くなります。水晶体の形は変化しにくくなり、このため、近くの物に焦点が合わせづらくなります。成人は加齢に伴い、近くの物が見えにくくなることに気がつきます。これは、水晶体の形が変わりにくくなることによるものです。

無水晶体眼とは、先天異常、眼のけが、白内障の眼の手術などが原因で水晶体がない状態をいいます。白内障の治療のために水晶体を取り除き、眼内レンズを移植しなかった場合は、距離にかかわらず物がぼやけて見えるようになります。

症状

屈折異常があると、遠くの物、近くの物、またはその両方がかすんで見えるようになります。例えば、近視の小児は、黒板の字が見えにくくなることがあります。目を細めたり、眉を寄せたりしなければならないために、頭痛が生じる人もいます。小児が読書中に眉を寄せたり、まばたきの回数が増えたり、眼をこすったりする場合は、屈折異常が疑われます。ときに、何かを読もうとして長時間目を凝らしていると、眼が乾燥したり、かゆみ、赤み、または刺激が生じたりして、一時的に像がかすむことがあります。

診断

  • 眼の診察(視力検査を含む)

すべての人は、眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)またはオプトメトリスト(屈折異常の診断と治療を専門とする医療従事者)による眼の診察を定期的に受けるべきです。眼の診察は、1~2年毎に繰り返す必要があります。小児のスクリーニングは、学習に支障をきたす前に屈折異常を見つける上で役に立ちます。

診察では、視力検査表を使って、見え方の鮮明さ(視力)を測定します。視力は、正常視力の(視力が損なわれていない)人の見え方と比較することによって測定します。例えば、視力が0.3の人は、正常な視力の人では約18メートルの距離から見える物が、約6メートルの距離で見えます。つまり、正常な視力の人が約18メートルの距離から見える文字を読むために、この人は約6メートルの距離まで近づかなくてはならないということです。屈折異常は、その他の異常がない眼に起こるのが普通ですが、検査の際には、一般的に視野、眼圧、眼球運動の検査など、屈折異常に直接関係のない検査も同時に行われます。

治療

  • 眼鏡

  • コンタクトレンズ

  • 手術

屈折異常の一般的な治療は、眼鏡またはコンタクトレンズ(矯正レンズ)を使用することです。しかし、角膜の形を変える外科的処置やレーザー手術により屈折異常を治療する方法もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP