Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

涙道狭窄

執筆者:

James Garrity

, MD, Mayo Clinic College of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

涙道狭窄は、眼から涙を排出する鼻涙管の狭窄です。

涙道狭窄には出生時から存在する(先天性)ものと、出生後に生じる(後天性)ものがあります。 どちらのタイプも、流涙(りゅうるい)または涙嚢(るいのう)の感染症(涙嚢炎)につながることがあります。

先天性涙道狭窄

先天性涙道狭窄は、鼻涙管の一部が十分に発達していないときに生じることがあります。最も多いのは、鼻涙管の鼻側の閉塞です。鼻涙管が閉塞することにより、涙があふれ頬を伝わり落ちたり(流涙症)、常に目やにのかたまりがみられたりします。片眼のみにみられることもあれば、両眼にみられることもあります。

多くは生後3~12週間頃に発見されます。このタイプの閉塞は、多くの場合、特に治療を行わなくても、鼻涙管が発達するに従って解消され、生後6~9カ月頃までには自然に完治します。閉塞を緩和するため、乳児の涙嚢を1日4~5回手でマッサージすることを1歳前後まで続けるよう、親に勧めることがよくあります。

閉塞が1歳前後までに解消しない場合は、耳、鼻、のどの専門医(耳鼻咽喉科医)または眼の専門医(眼科医)が細い管状の器具(ゾンデやブジーと呼ばれる)で鼻涙管を開通させる処置を行う必要があります。通常は、目がしらにある開口部(涙点)からこの器具が挿入されます。小児にこの処置を行う場合は、通常、全身麻酔をかけます。

涙はどこから来るのか

涙はどこから来るのか

後天性涙道狭窄

後天性涙道狭窄は、加齢による管の狭窄が原因であることが多いですが、 けがまたは手術後の瘢痕(はんこん)化によっても生じます。また、サルコイドーシスまたは多発血管炎性肉芽腫症(以前のウェゲナー肉芽腫症)などの炎症を伴う病気が原因で起こることもあります。先天性涙道狭窄で行われるような単純なブジーの挿入は、一般的に無効です。涙道狭窄が持続し、煩わしい流涙が続く場合や感染を繰り返す場合には、涙嚢と鼻の間に通路を設けるための手術が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP