Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

涙小管炎

執筆者:

James Garrity

, MD, Mayo Clinic College of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 6月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

涙小管(るいしょうかん)炎は、涙小管の(通常は感染症による)炎症です。 涙小管とは、まぶたの内側の角付近にある短い管で、涙はここから排出されて涙嚢(るいのう)に達します。

涙小管炎は、流涙(りゅうるい)、目やに、眼が赤くなる、軽度の圧痛といった症状を引き起こすことがあります。眼の赤みと圧痛は、まぶたの鼻側で最も顕著です。症状は涙嚢炎に似ていることがあります。

涙はどこから来るのか

涙はどこから来るのか

涙小管炎の診断

  • 症状と医師の診察

医師は、症状と身体診察の結果に基づいて涙小管炎の診断を下します。医師が涙小管や涙嚢を押さえると、濁った物質が涙小管から出てくることがあります。

涙小管炎の治療

  • 感染した物質の除去と眼科医による洗浄

  • 温湿布と抗菌点眼薬

眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)は、しばしば涙小管から感染した物質の除去を試み、感染した涙小管を抗菌薬の溶液で洗浄します。その後温湿布をあて、抗菌薬の点眼を行います。ときに、涙小管の詰まりを解消させるために、外科的治療を必要とすることがあります。

点眼薬および眼軟膏の使い方

点眼薬または軟膏を使うときは、何かにもたれかかり、上を向きます。清潔な人差し指で下まぶたをそっと引き下げ、眼球とまぶたの間に少しポケットを作ります。点眼薬は、眼に直接ではなく、このポケットに滴下します。軟膏を使うときは、このポケットに軟膏を細く置くように塗布します。まばたきによって、点眼薬または軟膏が眼全体に広がります。

点眼薬および眼軟膏の使い方
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP