Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

眼内炎

執筆者:

Kara C. LaMattina

, MD, Boston University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2017年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

眼内炎とは、眼の中で起こる感染症です。

  • 眼内炎は、眼の手術や、眼のけが、または血液の感染症が原因で起こります。

  • ひどい眼痛、眼が赤くなる、視力障害などの症状が現れます。

  • 眼から分泌される液体の培養検査を行い、できるだけ早く抗菌薬を投与します。

眼内炎はまれな病気です。眼内炎の原因は、手術の切開部もしくは眼球にできた傷を介して、または頻度は下がりますが血流を介して微生物が眼に入ることです。血流内の感染症は、歯科処置、静脈内注射薬の乱用、空洞の内部に膿がたまった膿瘍(のうよう)、皮膚潰瘍(かいよう)、肺炎や敗血症などの感染症、または身体のいずれかの手術など、様々な原因で起こる可能性があります。感染症の多くは細菌(黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusなど)が原因で起こりますが、真菌(カビなど)または原虫が原因となる場合もあります。ウイルスが原因で眼に広範な感染症が起こることもありますが、これは通常、眼内炎に分類されません。

症状

眼内炎の症状は重症化することがあり、激しい眼痛、白眼の部分が赤くなる、明るい光が非常にまぶしくなる、視力が低下するなどの症状のほか、ときにまぶたの腫れがみられることもあります。

診断

  • 医師による眼の診察

  • 眼から採取したサンプルの培養

  • ときに、血液と尿の培養検査

眼内炎は、症状、眼の診察結果、原因微生物を特定するための培養結果に基づいて診断されます。眼球前部の内側にある液体である房水や眼球後部を満たすゼリー状の物質である硝子体(しょうしたい)からサンプルを採取して培養し、感染の原因微生物を特定するとともに、どの薬が最も有効かを調べます。血液や尿の培養をしなければならないこともあります。

予後(経過の見通し)

たとえ早期に適切な治療を行っても、多くの場合、視力の予後は不良です。

治療

  • 抗菌薬

  • ときに、コルチコステロイドまたは手術

眼内炎は緊急の治療を要する病気です

視力を守り、眼の健康を守るため、通常は抗菌薬による治療を直ちに開始する必要があります。極端な場合、数時間の遅れが、不可逆的な視力障害につながるおそれがあります。眼内炎の原因であると判明した微生物に応じて、抗菌薬が選択されます。抗菌薬は、眼内注射、静脈内注射、またはその両方で投与されます。

受診時に視力が非常に悪い患者には、コルチコステロイドの投与または手術が行われます。コルチコステロイドは抗菌薬を注射してから数日間、経口にて投与するか、または頻度は少ないですが、眼内に注射されることもあります。感染をくい止める確率を上げるため、眼球内部の感染組織を取り除く手術が必要になる場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP