Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

耳、鼻、のどの生物学に関する序

執筆者:

Debara L. Tucci

, MD, MS, MBA , Duke University Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

耳、鼻、のど(咽頭)は、互いに近くにあり、それぞれ独立しているものの関連した機能を担っています。

は、聴覚、平衡感覚、嗅覚に欠かせない感覚器官です。

のどは主として、食べものや飲みものが食道(のどから胃につながる中空の管)へ入る通り道と、空気が肺へ入る通り道としての機能を果たしています。

耳、鼻、のどに関わる病気は、しばしばかかりつけ医が診断と治療を行いますが、この分野を専門とするのは耳鼻咽喉科医です。

耳、鼻、のど

耳、鼻、のど
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP