Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

軟骨膜炎

執筆者:

Bradley W. Kesser

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

軟骨膜炎は、耳の外側部分(耳介)の軟骨を覆っている組織の感染症です。

耳のけが、熱傷(やけど)、虫刺され、軟骨を貫通する耳のピアス、耳の手術、耳のおできは、軟骨膜炎を引き起こすことがあります。軟骨膜炎はまた、多発血管炎性肉芽腫症(以前はウェゲナー肉芽腫症と呼ばれた病気)などの炎症性疾患の患者や、免疫機能が低下している人、または糖尿病の患者に発生する傾向があります。

最初の症状としては、赤み、痛み、腫れが耳介に出ます。発熱がみられることもあります。軟骨とその周囲の結合組織層(軟骨膜)の間に膿がたまります。ときに膿によって軟骨への血液供給が遮断され、軟骨が破壊されて、最終的に耳が変形してしまう場合もあります(カリフラワー耳)。軟骨膜炎は、破壊的で、再発し、長期間持続することがあります。

治療

  • 抗菌薬とコルチコステロイド

  • 異物の除去

  • 温めと膿瘍の切開排膿

  • 痛み止め

医師は抗菌薬(フルオロキノロン系など、例えばシプロフロキサシン)としばしばコルチコステロイドの内服薬を処方します。使用する抗菌薬は、感染症の重症度と、感染を引き起こしている細菌の種類に応じて選択されます。

医師はイヤリングやとげなどの異物があれば取り除きます。

膿瘍(膿のたまり)がある場合は、医師が切開して膿を出し、血液が再び軟骨に届くようにします。24~72時間はこの排液口をあけたままにしておきます。抗菌薬が経口で投与されます。温かいものをあてることも役立つことがあります。軟骨膜が正しく治癒して耳介が変形しないよう、医師が軟骨膜を軟骨に縫いつける(縫合する)ことがあります。

鎮痛薬も投与されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP