Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

耳の腫瘍

執筆者:

Bradley W. Kesser

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

耳の腫瘍には、がんではない良性腫瘍と、がんである悪性腫瘍があります。耳の腫瘍の大半は、本人が自分で見て気づくか、聴力の低下に気づいて医師が患者の耳を見た際に見つかります。

良性腫瘍

良性腫瘍が外耳道にできると、外耳道がふさがり、難聴と耳あかの蓄積が生じます。そうした腫瘍には以下のものがあります。

  • 表皮封入嚢胞(脂腺嚢腫などとも呼ばれます):皮膚の分泌物が詰まった小さな袋

  • 骨腫と外骨腫:良性の骨腫瘍

  • ケロイド:けがや耳のピアスの穴をあけた後にできる、過剰なかさぶたの組織の病変

外骨腫は、冷たい水で泳ぐ人、例えばスキューバダイビングやサーフィンなどをする人に発生します。サーファーズイヤーとは、外耳道にできる骨質の腫瘍(外骨腫)の一般的な言い方です。

これらの良性の骨腫瘍に対する最も効果的な治療法は、手術による切除です。治療後は通常、聴力は正常に戻ります。小さく、閉塞を生じない骨腫または外骨腫に対しては、治療の必要はありません。

ケロイドに対しては、トリアムシノロンなどのコルチコステロイドを繰り返し注射するか、または手術で切除します。手術後に、コルチコステロイドの追加注射のほか、放射線療法が行われることさえあります。

悪性腫瘍

基底細胞がん有棘細胞がんはよくみられる皮膚がんで、日光を長期間にわたって繰り返し浴びている人の外耳にできることがあります。耳の慢性感染症の患者では、有棘細胞がんが発生するリスクが高い可能性があります。これらのがんが初めて出現した場合は、手術で取り除くか放射線療法を行うことで効果的に治療できます。より進行したがんでは、外耳のかなりの部分を手術で切除することが必要になる場合もあります。黒色腫(メラノーマ)は、より急速に広がるタイプの皮膚がんで、これも外耳道の皮膚にできることがあり、手術で切除する必要があります。

耳垢腺腫(耳あかをつくる細胞のがん)は、外耳道の外側3分の1に生じます。この腫瘍は他の部分に広がる(転移する)ことはありませんが、外耳道を破壊します。耳あかがたまることと耳垢腺腫は無関係です。手術でがんと周辺の組織を切除して治療します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP