Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

外耳道の皮膚炎

(慢性外耳炎)

執筆者:

Bradley W. Kesser

, MD, University of Virginia School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

外耳道の皮膚炎は、外耳道やその入口の皮膚に、かゆみ、鱗屑(りんせつ)、落屑(らくせつ)、腫れが生じた状態です。

外耳道の皮膚炎には以下の2種類があります。

  • 接触皮膚炎

  • 外耳道湿疹による皮膚炎

外耳道の接触皮膚炎は、ニッケルを含有するイヤリングや多数の化粧品(例えばヘアスプレー、ローション、毛髪用染料)などの誘因に対するアレルギー反応です。

外耳道湿疹による皮膚炎は、脂漏性皮膚炎乾癬(かんせん)など、特定の種類の皮膚炎様の病気がある患者の一部に自然発生することがあります。

症状

どちらの種類の皮膚炎も、かゆみや赤み、透明な分泌物や皮膚の湿り、皮膚のひび割れを引き起こし、ひび割れは黒ずんでいて痛みを伴い、やがて剥がれ落ちます。皮膚が刺激された状態とひび割れは、細菌による感染症(急性外耳炎)の温床となります。細菌感染症の最初の症状は、一般的には激しい耳の痛みです。

治療

  • 外用(重度の場合は経口)コルチコステロイド

  • 接触皮膚炎に対して、アレルギーを誘発する物質の排除

  • 外耳道湿疹による皮膚炎に対して、酢酸アルミニウム溶液

接触皮膚炎の治療のため、患者はアレルギーを誘発する物質(特にイヤリングや、ヘアスプレー、イヤーモールドという補聴器の部品でさえ誘因となる可能性があります)を排除するべきです。アレルギーを誘発する物質を特定するには、試行錯誤が必要な場合があります。医師は腫れとかゆみを軽減するために、ベタメタゾンなどのコルチコステロイドを含有するクリームを投与します。耳の中には綿棒や水、その他の刺激を生じる可能性がある物質を入れないようにするべきです。耳により強い炎症がある場合は、コルチコステロイド(プレドニゾン[日本ではプレドニゾロン]など)の内服薬が処方されることがあります。

外耳道湿疹による皮膚炎の治療では、酢酸アルミニウムの希釈液(ブロー液)の点耳薬が処方されるため、耳に不快感が生じるたびに使用します。かゆみと腫れは、コルチコステロイド(ベタメタゾンなど)を含有するクリームで軽減できます。この病気の治療でも、外耳道を刺激するあらゆるもの(綿棒や水など)を避けることが重要です。

外耳炎が起こった場合は、標準的な方法で治療します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP