Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

けいれん性発声障害

(声帯のけいれん)

執筆者:

Clarence T. Sasaki

, MD, Yale University School of Medicine

レビュー/改訂 2020年 1月
プロフェッショナル版を見る

けいれん性発声障害は、声帯をコントロールする喉頭の筋肉が不随意に収縮することで、声の異常が生じます。

けいれん性発声障害では、話すことができなくなるか、または声がひずむ、ふるえる、かすれる、ささやき声になる、ぎくしゃくする、甲高くなる、途切れる、不明瞭になるなどして、聞き取りにくくなります。けいれん性発声障害の原因は分かっていませんが、30~50歳の人に最も多くみられ、また女性に多くみられます。体中の様々な筋肉が不随意に収縮する 運動障害 運動障害の概要 手を上げたりほほ笑んだりといった、体のあらゆる動作には、中枢神経系(脳と脊髄)と神経と筋肉の複雑な相互作用が関わっています。このいずれに損傷や機能不全が起こっても、運動障害の原因になります。 損傷や機能不全の性質と発生部位に応じて、次のような様々な運動障害が起こります。 随意運動(意図的な運動)を制御する脳領域や、脳と脊髄の接合部の損傷:... さらに読む である ジストニア ジストニア ジストニアは、長時間続く(持続性の)不随意な筋収縮を特徴とし、患者は異常な姿勢を強いられます。例えば、体全体、体幹、四肢、または首がねじれたりします。 ジストニアの原因は、遺伝子の突然変異、病気、または薬剤です。 ジストニアが生じた部位の筋肉は収縮し、その体の部位がゆがみ、数分から数時間にわたり収縮したままになってしまいます。 診断は、症状と身体診察の結果に基づいて下されます。... さらに読む の一種ではないかと、医師たちは考えています。

けいれん性発声障害には以下の2つの種類があります。

  • 内転型けいれん性発声障害

  • 外転型けいれん性発声障害

内転型けいれん性発声障害では、通常は単語の最初に母音を発声しようとすると、喉頭の筋肉がけいれんし、声帯が閉じて、絞り出すような声や緊張しているように聞こえる声になります。治療は手術によって行われます。ボツリヌス毒素を喉頭の筋肉に注射すると、一時的に改善します。

外転型けいれん性発声障害では、けいれんにより声帯が大きく開きすぎて、息が漏れるような弱々しい声になります。ボツリヌス毒素を喉頭の特定の筋肉に注射すると、一時的に改善します。手術は役に立ちません。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP