Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

口、鼻、のどのがんの概要

執筆者:

Bradley A. Schiff

, MD, Montefiore Medical Center, The University Hospital of Albert Einstein College of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

口、鼻、のどのがんは、米国では毎年ほぼ6万5000人に発生しています。これらのがんは、女性喫煙者より男性喫煙者の数が多い状況が続いており、男性の方が口内のヒトパピローマウイルス(HPV)感染の頻度が高いため、男性で多くみられます。患者の大部分は50~70歳です。しかし、HPVを原因とするがん(主に中咽頭がん)が発生する頻度は若い人の方が高くなっています。

口、鼻、のどのがんにはある種の類似性があるため、しばしばまとめて扱われます。例えば、これらのがんはいずれも原因と種類が似通っています。口、鼻、のどのがんの90%以上は扁平上皮がんで、これは口、鼻、のどの内側を覆う扁平上皮細胞にがんが発生するということです。口、鼻、のどのがん患者の大半がタバコの喫煙、飲酒、またはその両方を行っています。これらのがんの中には、ウイルス感染症が原因のものもあります。HPV口とのどのがんを、エプスタイン-バーウイルス上咽頭がんを引き起こします。

口、鼻、のどのがんで最も多い部位は以下の通りです。

  • 口の中(舌、口の底部、口蓋の硬い部分など)

  • のどの中央部分(中咽頭とも呼ばれる部位、口の奥の壁、舌の付け根、扁桃、口蓋の柔らかい部分など)

これらのがんのあまり一般的でない部位は、以下の通りです。

甲状腺と皮膚のがんに関する情報については、甲状腺がん皮膚がんを参照してください。あごの骨など、骨に生じるがん(骨肉腫、悪性巨細胞腫、多発性骨髄腫、転移性腫瘍)については、原発性悪性骨腫瘍を参照してください。

症状

症状は、がんの位置によって異なります。口、鼻、のどのがんの一般的な症状には以下のものがあります。

  • 声がれ

  • 首のしこり

  • 口の中の、痛みを伴う潰瘍または増殖性の病変

  • 嚥下困難(ものを飲み込むのが難しくなること)とその結果としての体重減少

ときに初期症状として口の中に赤色または白色の斑(紅板症または白板症)がみられることがあります。

診断

  • 医師や歯科医による診察

  • 内視鏡検査

  • 生検

  • 画像検査により、がんの進行の程度を判定する(病期診断)

口の中にできるがんの中には、最初は症状を引き起こさないものの、医師や歯科医が普段口の中を診察する際に見えたり触れたりするものがあります。症状がある場合は、内視鏡(観察用の柔軟な細い管状の機器)を用いることで、口、鼻、のどのさらに深い部分を調べることができます。診断は、がんが疑われる組織のサンプルを調べる検査(生検と呼ばれます)によって下されます。医師は病変に針を刺したり、メスで小片を切り取ったりして少量の組織を採取します。

病期診断検査

患者の口、鼻、のどのがんに対する最善の治療法を選択できるようにするため、医師は病期診断検査を行い、がんの大きさ、付近の組織への浸潤、遠隔部位への広がり(転移)を考慮に入れて、がんがどの程度進行しているかを判断します。口腔がんの病期(ステージ)は、原発腫瘍の大きさ、位置、浸潤性、首のリンパ節への転移の数と大きさ、および体の遠隔部位への転移を示す証拠に従って決定されます。I期はがんが最も進行していない段階で、IV期は最も進行している段階です。

口、鼻、のどのがんの病期診断検査では通常、画像検査が行われ、典型的にはCT検査MRI検査、ときにPET(陽電子放出断層撮影)検査が行われます。

予後(経過の見通し)

口、鼻、のどのがんの結果は、がんの種類、位置、原因、病期によって大きく異なります。一般的には、がんが転移する前に診断と治療が行われた場合、経過はより良好です。ヒトパピローマウイルスによる口やのどのがんの患者は、タバコやアルコールが原因の腫瘍の患者よりも予後が良好です。

予防

口、鼻、のどのがんの危険因子を排除することが大切なので、すべての人でタバコの使用(喫煙、噛みタバコ)を避け、飲酒量を制限するべきです。がんの治療を受けた人でも、危険因子を排除することで再発の予防に役立ちます。

現在のヒトパピローマウイルスに対するワクチンは、口とのどのがんを引き起こす一部のヒトパピローマウイルスを標的にしているため、小児予防接種によってこれらのがんの発生をある程度予防できます。

治療

  • 手術または放射線療法

  • ときに化学療法

  • 緩和治療

口、鼻、のどのがんの治療では通常、手術放射線療法、またはその両方が行われます。化学療法は通常は主な治療ではありませんが、ときに他の治療法に追加して行われます。正しい治療法の選択には非常に多くの要因が関与しているため、専門医のチームが連携して患者の治療を計画します。

がんの治療が簡単なものでない限りは、患者の痛みと生活の質を管理すること(緩和治療)が極めて重要です。痛みと緩和ケアの専門医が、患者の痛み、摂食困難(食べるのが難しい)、分泌物による窒息、その他の厄介な症状を管理するための計画を立てます。治療法には手術、放射線療法、化学療法などがあります。例えば、腫瘍が痛みを引き起こしていても手術で切除できない場合は、腫瘍に放射線を照射することで腫瘍が縮小することがあり、それにより一時的に痛みが軽減します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP