Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

口とのどの病気に関する序

執筆者:

Clarence T. Sasaki

, MD, Yale University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

のど(咽頭)と喉頭の病気には、短期的な(急性の)炎症や感染症、長期的な(慢性の)炎症、異常な増殖性病変(成人でより多くみられます)があります。

具体的な病気には、以下のものがあります。

声帯結節、喉頭乳頭腫、喉頭嚢胞は、成人と小児で同程度の頻度で発生すると考えられます。

のどの感染症(咽頭炎)は小児で特によくみられますが、成人でも起こります。小児でも成人でも原因、症状、治療法はほぼ同じですが( のどの痛みを参照してください)、例外として、成人(および性的虐待を受けている小児)の場合は、性感染症である淋菌感染症がのどに感染する場合もあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP