Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

薬を原因とする耳の障害

(聴器毒性)

執筆者:

Lawrence R. Lustig

, MD, Columbia University Medical Center and New York Presbyterian Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

耳に損傷を与える可能性がある薬(聴器毒性のある薬)はたくさんあります。具体的には、抗菌薬のストレプトマイシン、トブラマイシン、ゲンタマイシン、フラジオマイシン、バンコマイシン、がんに対する一部の化学療法薬(例えばシスプラチン)、フロセミド、アスピリンなどがあります。

薬の聴器毒性が発生するかどうかは多くの要因によって左右され、具体的には以下のものがあります。

  • 薬を服用した量(用量)

  • 薬の使用期間

  • 腎機能の低下の有無(薬の排泄が困難になる)

  • 薬を原因とする耳の障害がみられたことのある家族の有無

  • 聴器毒性のある薬の作用を受けやすい遺伝子構成の有無

  • 聴器毒性のある薬を同時に複数飲んでいるかどうか

内耳の概要も参照のこと。)

症状

薬を原因とする耳の障害では、次のうち1つ以上の症状がみられます。

  • 耳鳴り(耳の雑音やキーンという音)

  • 歩行と平衡を保つのが困難

回転性めまい(あたかも動いたり回転したりしているような感覚)が一時的に生じる可能性があります。他の症状は一時的である場合もありますが、ときに永続的な場合もあります。

予防

聴器毒性のある薬は効果のある最低限の用量で服用するようにし、用量を注意深くモニタリングします(例えば、可能な場合には薬の血中濃度を測定するなど)。症状の出現はすでに薬による損傷が発生していることを後から知らせるサインであるため、できれば聴器毒性のある薬による治療を開始する前に、聴力を測定し、その後治療中にも聴力をモニタリングするべきです。

胎児に害が及ぶのを防ぐために、妊婦は聴器毒性のある抗菌薬の服用を避けるべきです。

高齢者およびすでに難聴がある人は、ほかに効果的な薬が利用できる場合は聴器毒性のある薬による治療を受けるべきではありません。

治療

医師が聴器毒性を確認した場合、その薬の投与を中止します(ただし、治療中の病気が生命を脅かすもので、ほかに代替の治療法がない場合は除く)。聴器毒性を元に戻す治療はありませんが、ときに聴力や平衡感覚が自ずと部分的に回復する場合があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP