Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

鼓膜炎

(水疱性鼓膜炎)

執筆者:

Richard T. Miyamoto

, MD, MS, Indiana University School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

鼓膜炎は、ウイルスや細菌の感染により鼓膜が炎症を起こした状態です。

鼓膜炎は急性中耳炎の一種で、様々なウイルスや細菌によって起こります。細菌である肺炎球菌 Streptococcus pneumoniaeとマイコプラズマ Mycoplasmaがよくみられる原因です。

鼓膜が炎症を起こし、その表面に液体で満たされた小さな水疱(小水疱)ができます。小水疱は中耳炎でもみられることがありますが、鼓膜炎の場合は中耳の膿や液体は生じません。痛みは突然に始まり、24~48時間続きます。ある程度の難聴と発熱が生じることもあります。

鼓膜炎の診断は、耳鏡で鼓膜を観察して行います。

感染がウイルス性か細菌性かを判断することは難しいため、ほとんどの場合、抗菌薬と鎮痛薬を用いた治療が行われます。鎮痛薬は経口投与することも点耳薬として投与することもあります。痛みを和らげるために、小さなメスで水疱を破る必要があることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP