Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

歯ぐきの退縮

執筆者:

James T. Ubertalli

, DMD, Hingham, MA

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

歯ぐきの退縮とは、歯肉縁の組織が失われ、歯根が露出することをいいます。

歯周病に関する序歯周炎も参照のこと。)

退縮は通常、薄く傷つきやすい歯ぐき組織に起こるか、または乱暴な歯磨きや粒子の粗い歯磨き剤(ホワイトニングや歯石予防のための歯磨き剤)に対する反応として起こります。損傷や、しばしば自然な加齢の過程としても起こります。ほとんどの人に、部分的にわずかな歯ぐきの退縮が起こります。

退縮によって、歯が低温、甘い食べもの、または接触に対して非常に敏感になることもあります。退縮に伴って骨が失われる場合があり、歯根部のう蝕ができやすくなる可能性もあります。

治療

  • 敏感な歯用の感度を弱める歯磨き剤

  • 特殊なブラッシング法

  • ときに移植処置

厚い帯状の組織が失われて、歯や歯ぐきの下にある骨の保護に役立たなくなった場合、歯ぐきの退縮の治療が必要になります。歯垢(主に細菌でできたフィルム状の物質)が蓄積し歯ぐきが腫れて出血する場合や歯垢が取れない場合にも治療が必要になります。

軽度の退縮や知覚過敏がある人に対しては、歯科医師が歯の感度を弱める物質を塗ることがあります。歯科医師は、一般的な歯石予防の歯磨き剤やホワイトニング歯磨き剤に使用されている粗い研磨剤を含まない、感度を弱める歯磨き剤やその他の刺激の少ない歯磨剤を使用するよう指導します。さらに、患者は密生した柔らかい歯ブラシと、歯を歯肉縁で磨くのに役立つ特殊なブラッシング法を用いるように指導されます。その方法では、密生した歯ブラシを歯に45度の角度であてて前後にやさしく動かします。こうした方法によって退縮の悪化が防げますが、退縮が治癒するわけではありません。

より重度の退縮がある人に対しては、治療としては移植処置が行われ、口蓋から採取した軟部組織またはドナーから採取し市販用に加工された移植片を退縮した部分に縫合します。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP