Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

歯の破折、動揺、脱臼

執筆者:

Michael N. Wajdowicz

, DDS, Veterans Administration

医学的にレビューされた 2019年 6月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

歯が欠けたり、ぐらついてきたり、折れたりすることは 急を要する歯科的問題であり、早急に対応する必要があります 急を要する歯科的問題に関する序 口と歯(口腔)のトラブルには、苦痛を軽減し口腔の構造に与えるダメージを最小限に抑えるために、緊急に治療が必要なものがあります。そうした緊急の治療が必要な口と歯のトラブルとしては、以下のものがあります。 歯痛 歯の破折、動揺、脱臼 顎骨骨折 あごの脱臼 さらに読む 。口に強い打撃を受けると、歯が割れたり(破折)、ぐらついたり(動揺)、脱臼することがよくあります。以前から弱くなっていた歯が、ものをかむことで割れたりぐらついたりすることがあります。

歯の破折

上の前歯は、けがをしたり割れたりしやすい部位です。ものをかむときや、冷たいものを食べているときに短く鋭い痛みがある場合は、歯の不完全破折が口内のどこかにある可能性があります。歯にひびが入っているだけでかけらが取れていない場合は、歯科医師が単純な充填材で修復できることがよくあります。より大きな破折にはクラウンが必要となることがあり、これには 根管治療 根管治療と抜歯 う蝕とは、歯が浸食された部分のことであり、歯の外側の硬いエナメル質が徐々に溶かされて歯の内部へと侵されていく結果起こります。 ( 歯の病気の概要も参照のこと。) 細菌や食べもののかすが歯の表面に蓄積し、細菌がう蝕の原因になる酸を作ります。 う蝕が歯の内部に達すると歯に痛みを感じます。 う蝕は、歯科医師による定期的な歯の診察とX線検査によって発見できます。 さらに読む 根管治療と抜歯 が必要な場合と、そうでない場合があります。

けがをした後、歯が冷気または冷水に対して過敏になっていなければ、歯の一番外側の硬いエナメル質だけが傷ついている可能性が非常に高いと考えられます。たとえエナメル質が少し欠けていても治療を急ぐ必要はありません。歯の中間層の象牙質が破折している場合、通常は空気や食べものが触れると痛むため、そのような破折のある人はすぐに歯科医院を受診します。破折が歯の最も奥の層である歯髄にまで及ぶと、破折している部分に赤色の斑点が現れて、いくらかの出血がみられることもしばしばあります。このような場合は、残っている傷ついた歯髄がひどい痛みを引き起こす前に、その歯髄を取り除くために根管治療が必要になることがあります。

歯の層

歯の層

歯の動揺

けがによって歯がぐらついたり、周囲の歯ぐきの組織から多量に出血したりしている場合は、歯根が破折したり歯槽骨が骨折している可能性があるため、直ちに歯科医院を受診する必要があります。ぐらついている歯を速やかに元の位置に戻して固定すると、通常は永久的にそこにとどまります。乳歯の前歯がひどくぐらついているときには、多くの場合はその歯を抜いて、すでに生えている永久歯に害が及ぶのを防ぎます。

歯の脱臼

乳歯または永久歯が脱臼した場合は、直ちに最寄りの歯科医院を受診する必要があります。乳歯が脱臼した場合は、取れてしまった歯を元の穴へ戻す再植を行うと、その歯に感染が生じたり、永久歯が生えてくる邪魔になることがあるため、再植は行うべきではありません。しかし、永久歯が脱臼した場合は、直ちに治療が必要です。

可能であれば、直ちにその永久歯を元の穴に戻します(歯根には触らないようにします)。自分で歯を元の穴に戻せない場合は、湿らせたペーパータオルで歯を包むか、さらによい方法としては、コップに牛乳を入れてその中に歯を入れておいて、歯科医院まで持って行きます。(牛乳は歯に栄養を与える環境として優れています。)意識があり、歯を吸い込んだり飲み込んだりする可能性が低い場合は、取れてしまった歯を口の中に入れて歯科医院まで持って行ってもよいでしょう。取れた歯を10秒間冷水でやさしく洗ってもよいですが、ごしごしこすると歯の再接着を助けるために必要な根管の組織が取り除かれてしまうため、こすってはいけません。

脱臼した歯が見つからない場合は、吸い込んで肺に入っていたり(誤嚥)、誤って飲み込んだりしている場合があります。歯が肺に入った場合は、それを探すために胸部X線検査が行われることがありますが、歯を飲み込んだ場合は無害で、消化管に入った歯を探すためにX線検査が行われることはあまりありません。歯が脱臼して再植を受けた人は通常、数日間にわたって抗菌薬を服用します。取れた歯が泥に触れてしまった場合、医師は通常、 破傷風 ワクチン接種 破傷風は、嫌気性細菌の破傷風菌 Clostridium tetaniが作り出す毒素によって引き起こされる病気です。この毒素によって筋肉が不随意に収縮し、硬くなって動かせなくなります。 破傷風は通常、傷口や皮膚を突き破るようなけがなどが汚染されることで発生します。 診断は症状に基づいて下されます。 ワクチン接種と適切な創傷ケアにより破傷風を予防できます。 治療では、破傷風免疫グロブリンを投与して毒素を中和し、治まるまで症状を... さらに読む の予防接種状況についても評価します。

歯が取れてから30分から1時間以内に埋め戻すことができれば、その歯が元の穴にくっつく(生着する)確率が高くなります。30分を過ぎると、歯が取れてからの時間が長引くほど、長期的な生着率は悪くなります。再植した歯は通常、7~10日間、スプリントで周囲の歯と固定されます。歯を取り囲んでいる骨(歯槽骨)も骨折している場合は、スプリント固定が6~10週間必要になることがあります。再植した歯には、いずれ 根管治療 根管治療と抜歯 う蝕とは、歯が浸食された部分のことであり、歯の外側の硬いエナメル質が徐々に溶かされて歯の内部へと侵されていく結果起こります。 ( 歯の病気の概要も参照のこと。) 細菌や食べもののかすが歯の表面に蓄積し、細菌がう蝕の原因になる酸を作ります。 う蝕が歯の内部に達すると歯に痛みを感じます。 う蝕は、歯科医師による定期的な歯の診察とX線検査によって発見できます。 さらに読む 根管治療と抜歯 が必要です。

知っていますか?

  • 脱臼した歯を歯科医院に持って行く手段として、牛乳を入れた容器を使用できます。

さらなる情報

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP