Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

急を要する歯科的問題に関する序

執筆者:

Michael N. Wajdowicz

, DDS, USAF

最終査読/改訂年月 2018年 1月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

口と歯(口腔)のトラブルには、苦痛を軽減し口腔の構造に与えるダメージを最小限に抑えるために、緊急に治療が必要なものがあります。そうした緊急の治療が必要な口と歯のトラブルとしては、以下のものがあります。

たいていの口と歯の痛みや不快感を軽減するためには、アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(イブプロフェンなど)を服用することができます。ひどい痛みを軽減するには、これらの薬をより強力な処方薬のオピオイド鎮痛薬(コデイン、ヒドロコドン、オキシコドンなど)と組み合わせなければならないことがあります。手術によって生じる痛みを軽減するには、短い間、イブプロフェンとアセトアミノフェンを3時間ずつ交互に使用することがあります。

歯と口のトラブルによって発生した感染症の治療には、医師や歯科医師は、ペニシリン、アモキシシリン、またはクリンダマイシンを投与します。

特定の心臓の病気がある人や、場合によっては免疫機能が弱っており人工関節を入れている人に対しても、一部の侵襲的な歯科処置によって起こる可能性がある心臓の感染症(心内膜炎)や関節の感染を予防するために抗菌薬を投与します。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP