Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

唇にみられるびらん、炎症、およびその他変化

(口唇ヘルペス;熱性疱疹)

執筆者:

Bernard J. Hennessy

, DDS, Texas A&M University, College of Dentistry

医学的にレビューされた 2020年 5月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

唇には、大きさ、色、表面の変化が生じることがあります。これらの変化の一部は、医学的な問題を意味していることがあります。無害なものもあります。加齢に伴って、唇が薄くなることがあります。

唇のびらん(潰瘍)には様々な原因があります。周囲が硬いびらんは皮膚がんの一種である可能性があります(口腔がんの種類 口とのどのがん 口とのどのがんは、唇、口蓋、口の側面や底部、舌、扁桃、のどの奥で発生するがんです。 ( 口、鼻、のどのがんの概要も参照のこと。) 口とのどのがんは、口の中にできた潰瘍やびらん、増殖性の病変、または変色した領域のように見えます。 口腔がんの診断は、生検やX線検査によって行います。 がんの大きさを測定したり、広がりを確認したりするために、CT検査、MRI検査、PET検査などの画像検査が行われます。 さらに読む 口とのどのがん を参照; 唇と日光による損傷 唇と日光による損傷 日光にあたって唇が損傷( 日光と皮膚障害の概要も参照)を受けると、唇(特に下唇)が乾燥し硬くなることがあります。最も発症しやすいのは、45歳以上の人と皮膚の色が明るい人で、長期間日光を浴びている場合です。 長期にわたって日光を浴びると、 日光角化症という前がん性の増殖性病変が生じることがあります。 唇に日光による損傷が生じると、唇が乾燥してうろこ状になり、紙やすりのような質感になります。このような変化は、前がん状態と考えられており、特に... さらに読む も参照)。びらんは、別の疾患の症状(多形紅斑 多形紅斑 多形紅斑は、赤く盛り上がった斑状の病変を特徴とする炎症性皮膚疾患で、それらの病変はしばしば標的のような形をしていて、通常は全身に対称的に分布します。 ( 過敏症と炎症性皮膚疾患に関する序も参照のこと。) 多形紅斑は通常は感染症(通常は単純ヘルペスウイルス)に対する反応によって引き起こされます。 典型的な症状としては、中心部が紫色から灰色で全体としては赤色の斑(標的状病変)が、手のひら、足の裏、腕、脚、および顔面の皮膚に突然現れた後、全身... さらに読む 多形紅斑 、繰り返す 口腔への単純ヘルペスウイルス感染症 口の中の感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症では、皮膚、口、唇(口唇ヘルペス)、眼、性器に、液体で満たされた、痛みのある小さな水疱が繰り返し発生します。 非常に感染力の強い ウイルス感染症であり、潰瘍に直接触れたり、ときには潰瘍がない場合でも患部に触れることで感染します。 ヘルペスウイルスは口の中や 性器に水疱や潰瘍を引き起こし、最初の感染時にはしばしば発熱と全身のけん怠感を伴います。... さらに読む 口の中の感染症 [口唇ヘルペス]、 梅毒 梅毒 梅毒は、梅毒トレポネーマ Treponema pallidumという細菌によって引き起こされる性感染症です。 梅毒の症状は、見かけ上は健康な時期をはさんで、3段階で生じます。 まず患部に痛みのない潰瘍が現れ、第2期では、発疹、発熱、疲労感、頭痛、食欲減退がみられます。 治療しないでいると、第3期には、大動脈、脳、脊髄、その他の臓器が侵されることがあります。 医師は通常、患者に梅毒があることを確認するために2種類の血液検査を... さらに読む 梅毒 など)としても発生することがあります。

唇に斑点が生じることがあります。散らばって多数現れる小さな黒褐色の斑点は、 ポイツ-イェガース症候群 腸ポリープの原因となる遺伝性疾患 腸ポリープの原因となる遺伝性疾患 と呼ばれる遺伝性疾患の徴候の場合があり、この病気では胃や腸にポリープができます。まれに、喫煙者の唇のタバコをくわえる場所付近に、良性の褐色の斑点ができます。唇の周囲の皮膚に、そばかすや不規則な形をした褐色のしみ(メラニン色素斑)が現れることがよくあり、何年間も消えないことがあります。これらの変色には注意する必要はありません。

その他のよくみられる唇の変化としては以下のものがあります。

口唇炎

唇に炎症(口唇炎と呼ばれます)が起こると、唇に痛みや刺激感、発赤、ひび割れが生じたり、唇がうろこ状になったりすることがあります。

最も一般的なものは、唇および口角に生じる刺激感や炎症であり(口角口唇炎と呼ばれます)、通常は以下のような場合によくみられます。

  • あごの間の距離が不十分な入れ歯を使用している

  • 歯が過剰にすり減っていて、上あごの歯と下あごの歯の間が狭くなっている

  • カンジダ菌 Candidaまたは黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusに感染している

  • 食事中のビタミンB2や鉄が不足している

治療は、入れ歯を作り直す(口角のしわの軽減を助ける)か、部分入れ歯、クラウン、またはインプラントで適切な歯の大きさを復元することで行います。口角に薬を塗布して感染を治療します。 ビタミンB2欠乏症 リボフラビン欠乏症 リボフラビン欠乏症は通常、ビタミンの少ない食事や吸収障害に起因する、その他のビタミンB群の欠乏症とともに起こります。 口の端や唇がひび割れて痛み、頭部の皮膚にうろこ状の剥がれやすい斑点ができ、口と舌が紫紅色になります。 診断は、症状、尿検査の結果、リボフラビンのサプリメントに反応することに基づいて下されます。 高用量のリボフラビンのサプリメント(通常は服用)によって、リボフラビン欠乏症を改善できます。... さらに読む 鉄欠乏症 鉄欠乏症 鉄欠乏症は、 貧血、赤血球の数が少ない状態です。 鉄欠乏症は通常、成人では失血(月経による出血を含む)によって起こりますが、小児と妊婦では食事に含まれる鉄分の不足から起こることもあります。 貧血が生じ、肌が青白くなって筋力低下や疲労を感じるようになります。 診断は、症状と血液検査の結果に基づいて下されます。 医師は出血源を探し、見つけたら治療します。 さらに読む は、栄養補助食品の摂取により治療できます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP