Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

唇と舌の腫れ

執筆者:

Bernard J. Hennessy

, DDS, Texas A&M University, College of Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

唇は、アレルギー反応によって腫れることがあります。アレルギー反応は、特定の食べものや飲みもの、薬、口紅、または空気中の刺激物質に対する過敏性が原因です。しかし多くの場合、腫れの原因は不明なままです。

遺伝性血管性浮腫という病気では、繰り返し腫れが起こります。非遺伝性の原因、例えば多形紅斑日焼け、寒くて乾燥した天候、外傷などによっても唇が腫れることがあります。唇の腫れ自体は危険なものではありません。ただし、唇の腫れが血管性浮腫によって起こっている場合や、口内やのど、下気道に生じた腫れに伴って生じている場合は死に至る可能性があります。

治療法は原因によって異なります。原因の特定と排除が可能な場合、通常は唇は正常に戻ります。コルチコステロイド軟膏が、アレルギー反応による唇の腫れを抑えるために使用されることがあります。ときに、見た目を改善するために、唇の余分な組織を手術で取り除くことがあります。

唇と舌の腫れ
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP