Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

口腔乾燥

(口腔乾燥症)

執筆者:

Bernard J. Hennessy

, DDS, Texas A&M University, College of Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

口腔乾燥は、唾液の分泌が減少または停止することで発生します。この状態は、不快感を引き起こし、発話や飲み込みを妨げ、入れ歯の装着を難しくし、口臭を引き起こし、また口内の酸性度を低下させ細菌の増殖が多くなることで口の衛生状態を悪化させます(これがう蝕発生の一因となります)。長期にわたる口腔乾燥の結果、重度のう蝕や口のカンジダ症が生じることがあります。口腔乾燥は高齢者によくみられる症状です。

原因

口腔乾燥は、唾液腺(唾液を産生する口の分泌腺)が機能不全に陥ったために唾液の分泌が減少すると起こります。数多くの原因があります(表「口腔乾燥の主な原因」を参照)。

口腔乾燥の最も一般的な原因は以下のものです。

  • 頭頸部への放射線照射(がん治療のためのもの)

が全体として最も一般的な原因です。約400種類の処方薬と多くの非処方薬(市販薬)が唾液分泌の減少を引き起こします。最も一般的な薬の種類としては、以下のものがありれます。

  • 抗コリン作用がある薬(アセチルコリンを阻害する薬)

  • 抗パーキンソン病薬(パーキンソン病の治療に用いられる薬)

  • がんに対する化学療法薬

一般的に使用されている多くの薬に抗コリン作用があります。口腔乾燥は、抗コリン薬の多くの副作用の1つに過ぎません。

化学療法薬の多くは、服用中に重度の乾燥と口内炎を引き起こします。これらの問題は通常、薬の使用を中止すれば解消します。

口腔乾燥を引き起こすその他の薬には、特定の降圧薬(高い血圧を下げるために用いられる薬)、抗不安薬(不安症の治療薬)、抗うつ薬(うつ病の治療薬)などがあります。

違法なメタンフェタミンの使用によって、いわゆる「メスマウス」という、メタンフェタミンによって生じた口腔乾燥による重度のう蝕が発生した例があります。メタンフェタミンを原因とする歯ぎしりや歯の噛みしめと、吸入した蒸気の熱、そしておそらく糖分が多い飲みものの摂取量の増加や口腔の衛生状態不良によって、歯の損傷が悪化します。この組合せによって、非常に急速に歯が破壊され、若い人に生涯にわたる歯科疾患が生じます。

喫煙は通常、唾液が減少する原因となります。

放射線療法を頭頸部がんに対して行うと、唾液腺が激しく損傷することがあり、しばしば永続的な乾燥の原因となります。低い線量の放射線でさえ、一時的な乾燥を引き起こすことがあります。

口腔乾燥の比較的まれな原因として、全身の病気(全身性疾患)があります。口腔乾燥は、シェーグレン症候群で非常によくみられます。糖尿病またはHIV感染症の患者の一部では、口腔乾燥による問題がみられます。

評価

口腔乾燥があっても、必ずしも直ちに医師による評価が必要なわけではありません。以下では、医師の診察を受ける必要があるか、また受けた場合に何が行われるかについて説明しています。

警戒すべき徴候

口腔乾燥がみられる場合は、特定の症状や特徴に注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられる人は、直ちに医師の診察を受ける必要があります。広範囲にわたるう蝕がある人は、歯の診察を受ける必要があります。口腔乾燥があっても、警戒すべき徴候がない場合や口腔乾燥以外には具合の悪いところがない場合は、医師の診察を受けるのは約1週間以内でかまいません。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。症状として、ドライアイ、眼の刺激感、乾燥した皮膚、発疹、または関節痛があれば、シェーグレン症候群の可能性があります。医師はさらに、過去または現在の放射線治療の治療歴、頭頸部の外傷、HIV感染症の診断または危険因子についても質問します。医師は、薬によって口腔乾燥が生じているかどうか判断するため、患者が使用しているすべての薬を把握する必要があります。

次に身体診察を行います。身体診察では、乾燥の程度を確認するために口に重点が置かれます。乾燥の程度がはっきりしない場合、医師は舌を押さえるへら(舌鉗子)を頬の内側に10秒間あてます。医師が手をはなすとへらがすぐ落ちる場合、唾液の分泌は正常とみなされます。へらを簡単に外せない場合、唾液の分泌が正常ではありません。女性の場合、口紅が前歯に付着するリップスティックサインが口腔乾燥の有用な指標になることがあります。

医師は口の診察で、真菌のカンジダ・アルビカンス Candida albicansによるただれの有無を確認し、歯の状態(例えば、う蝕の部位としてはまれな部分にう蝕がないかなど)も確認します。思いがけないほど重度で急速なう蝕がみられる場合は、違法薬物(特にメタンフェタミン)の使用の徴候である可能性があります。

病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、口腔乾燥の原因(表「口腔乾燥の主な原因」を参照)と必要になる検査を推測することができます。新しい薬を使用し始めた直後に口腔乾燥が現れ始めた場合、医師はしばしば、症状が消えるかどうか確認するために試験的にその薬の使用を中止します。

icon

口腔乾燥の主な原因

原因

抗コリン作用のある薬

抗不安薬

抗うつ薬

制吐薬

抗ヒスタミン薬

抗精神病薬

鎮痙薬

レクリエーショナルドラッグ/違法薬物

マリファナ(大麻)

メタンフェタミン

タバコ

その他

降圧薬

抗パーキンソン病薬

気管支拡張薬

化学療法薬

鼻閉改善薬(鼻づまりの薬)

利尿薬

ペチジン、メサドン、その他のオピオイド

全身性疾患

HIV感染症を患っている

ハンセン病

結核

その他

口呼吸のしすぎ

頭頸部の外傷(神経損傷を引き起こす)

頭頸部に対する放射線療法

ウイルス感染症

検査

ときに、唾液の分泌量を測定することで唾液腺の機能を検査します(唾液測定と呼ばれる検査)。患者がパラフィンを噛むかまたはクエン酸を舌に塗って唾液の分泌を促し、その後医師が唾液を集めます。唾液の分泌量を測定すると、口腔乾燥が改善しているか悪化しているかの判定に役立ちます。

口腔乾燥の原因が決定できない場合、シェーグレン症候群サルコイドーシスアミロイドーシス、結核、がんを検出するために、通常は下唇にある小唾液腺の生検(組織のサンプルを採取して顕微鏡で調べる)を受ける必要があります。さらにHIV検査も考慮されることがあります。

処置/治療

  • 原因の治療(可能であれば原因薬剤の中止など)

  • ときに、唾液の分泌量を増やすための薬剤

  • 人工唾液

  • 定期的に口腔内を清潔にすることと口腔ケア

可能な場合、口腔乾燥の原因に対して治療が行われます。薬に関連する口腔乾燥があり、現在使用中の薬を中止することも他の薬に切り替えることもできない場合、夜間の口腔乾燥の方がう蝕を引き起こす可能性がより高いため、薬を夜ではなく朝に飲む必要があります。すべての薬で、服用しやすい製剤(例えば液剤など)を考慮するべきです。舌の下に入れる必要がある薬は、避けるべきです。カプセル剤もしくは錠剤を飲む前、または舌の下にニトログリセリンを入れる前には水を飲むようにします。さらに、鼻閉改善薬と抗ヒスタミン薬は避ける必要があります。

症状の抑制

口腔乾燥の症状を抑えるのに役立つ治療は、以下の方法によって行います。

  • 唾液の量を増やす

  • 唾液の代わりに他の液体を用いる

  • う蝕を抑える

唾液の分泌を増やす薬には、セビメリンやピロカルピンなどがあります。セビメリンの主な副作用は吐き気です。ピロカルピンの主な副作用としては、発汗、紅潮、大量の薄い尿(多尿)などがあります。

糖を含まない液体を頻繁に少しずつ摂取し、キシリトールを含有するガムを噛むと、唾液の分泌促進に役立ちます。市販薬の人工唾液でカルボキシメチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、またはグリセリンを含有するものを使用することも、役立つことがあります。

口の粘膜の乾燥、ひび割れ、痛み、外傷を軽減するために、入れ歯の下や唇にワセリンを塗ることができます。口呼吸をする人の場合、一般的に夜間に症状が最も悪化し、水噴霧式加湿器が役立つことがあります。

入念な口内の清掃が必須です。歯のブラッシング(処方されたフッ化物添加ペーストを用いる)とデンタルフロスの使用を定期的に(就寝の直前を含む)行い、フッ素洗口剤またはゲル剤を毎日使用する必要があります。カルシウムとリンを含む新しいタイプの歯磨き剤も、う蝕予防に役立つ可能性があります。予防的な口腔ケアと歯垢の除去のために、より頻繁に歯科医師を受診する必要があります。う蝕予防の最も効果的な方法は、家庭でフッ素を塗布できるようカスタムメイドで作製されたマウストレーに処方されたフッ化物添加ペーストを詰めて使用することです。処方されたフッ化物添加ペーストをマウストレーを使用せずに歯に塗ることを選ぶ人もいます。加えて、歯科医師がフッ化ナトリウムのバニッシュ(うわ薬)を毎年2~4回塗布することができます。

糖分の多いまたは酸性の食べものや飲みもの、および刺激性の食べもの(乾燥しているもの、香辛料の効いたもの、熱すぎるまたは冷たすぎるもの)は避けるべきです。特に就寝前の砂糖の摂取は避ける必要があります。

高齢者での重要事項

口腔乾燥は高齢者でより多くみられますが、その原因はおそらく加齢自体ではなく、高齢者に一般的に用いられる多くの薬です。

要点

  • 薬が最も一般的な原因ですが、一部の疾患(ほとんどはシェーグレン症候群またはHIV感染症)と放射線療法も口腔乾燥を引き起こします。

  • 唾液の量は、キシリトールを含有するガムを噛んだり砂糖を含まないキャンディーをなめること、特定の薬を服用すること、人工唾液を使用することで増やすことができます。

  • 口腔乾燥のある人はう蝕のリスクが高いため、入念な口内の清掃、家庭での予防策の追加(市販のフッ素洗口液や歯科で処方されたフッ化物添加ペーストの使用など)、歯科医師によるフッ素の塗布が必須です。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP