Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

過敏症と炎症性皮膚疾患に関する序

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

過敏症と炎症性皮膚疾患は、皮膚に生じる免疫系の反応によって引き起こされます。(薬疹も参照のこと。)

免疫系は身体のあらゆる組織の健康を維持する上で不可欠な役割を果たしています。免疫系は、微生物や異物など体内に侵入してきたものやがん細胞に反応して、それらを攻撃するために炎症を誘発します。通常であれば、免疫系の反応は体を保護し、治癒に役立つものですが、ときに免疫系の反応が誤って健康な組織に向けられ、それにより組織に強い炎症や損傷が生じることがあります。

皮膚には様々な免疫系の反応が起きますが、その多くで発疹が生じます。「発疹(ほっしん)」という用語は、皮膚の変色(発赤など)や性状の変化(膨らみや腫れなど)を指します。アレルギー反応(過敏反応)に続いてしばしば生じるものなど、多くの発疹はかゆみを伴いますが、痛みを伴うものもあれば、何の感覚も生じさせないものもあります。ときに、触れた物質や食べた物質によって免疫反応が誘発されることもありますが、多くの場合、免疫系の反応によって発疹が生じる原因は特定することができません。

発疹の中には、主に小児に生じるものもあれば、ほぼ常に成人に生じるものもあります。

過敏症による発疹のほとんどは、その外観に基づいて診断が下されます。発疹の原因は血液検査では判断できないことが多いため、通常はいかなる種類の検査も行いません。しかし、長く続いている発疹、特に治療で改善しない発疹には、皮膚生検を行う場合もあり、この検査では皮膚の発疹ができた部分をメスで小さく切除して、それを顕微鏡で調べます。また、接触皮膚炎が原因として疑われる場合には、皮膚テストを行うこともあります。

免疫系は上記以外の多くの皮膚疾患にも深く関与していて、そのような病気としては以下のものがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP