Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

薬疹

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

薬疹とは、皮膚の反応として現れる薬の副作用のことです。

  • 薬疹は通常、薬に対するアレルギー反応によって引き起こされます。

  • 典型的な症状としては、発赤、膨らみ、水疱、じんま疹、かゆみのほか、ときに皮膚の脱落や痛みなどがあります。

  • どの薬が発疹を引き起こしているかを特定するために、使用している薬を1つずつ中止しなければならないこともあります。

  • ほとんどの薬疹は、原因の薬を中止すれば消失しますが、軽度の反応であれば症状を抑えるためにクリーム剤で治療することもあり、重篤な反応に対しては、合併症を予防するために、アドレナリン(注射で投与)、ジフェンヒドラミン、またはコルチコステロイドによる治療が必要になることもあります。

「発疹(ほっしん)」という用語は、皮膚の変色(発赤など)や性状の変化(膨らみや腫れなど)を指します。アレルギー反応の後にしばしば生じるものなど、多くの発疹はかゆみを伴いますが、痛みを伴うものもあれば、症状を引き起こさないものもあります。薬はいくつかのパターンで発疹を引き起こします。

アレルギーによる薬疹

ほとんどの薬疹は、薬に対するアレルギー反応によって生じます。反応は内服や注射によって投与された薬に対して生じるのが通常で、薬を皮膚に塗らなければ薬疹は生じないというわけではありません。免疫系がある薬にさらされると(曝露)、その薬に対して敏感になります(このプロセスは感作と呼ばれます)。薬に対する感作は、1回の曝露だけで生じることもあれば、何回もの曝露の後にようやく生じることもあります。ある薬に対して感作が生じると、後にその薬にさらされた際に発疹などのアレルギー反応が誘発されるようになります。

アレルギーによらない薬疹

ときに、アレルギー反応の関与なしで、発疹が直接生じることがあります。例えば、コルチコステロイドとリチウムによって、にきびに似た発疹が生じることがあり、また抗凝固薬によって皮膚の下に血液が漏れることで青あざができることがあります。

ある種の薬を使用すると、皮膚が日光などの紫外線の作用に対して非常に敏感になります(光線過敏症)。そのような薬としては、特定の抗精神病薬、テトラサイクリン、サルファ剤(抗菌薬の一種)、クロロチアジド、一部の人工甘味料などがあります。問題の薬を服用した際には発疹は現れませんが、その薬を服用している間に日光にあたると光毒性(日焼けのような痛みと発赤)や光アレルギー(日光にあたった後にのみ現れるアレルギー反応)が生じることがあります。

薬により生じる重要な発疹として、ほかにスティーブンス-ジョンソン症候群中毒性表皮壊死融解症、および結節性紅斑で発生するものがあります。

症状

薬疹の重症度は、小さな部分に小さな膨らみを伴う軽度の発赤がみられるものから、皮膚全体が剥がれるものまで様々です。発疹は薬の使用後数分以内に突然生じる場合もあれば、数時間、数日、さらには数週間遅れて生じる場合もあります。発疹により、皮膚が赤色、紫色、青色、または灰色に変色することもあります。一部の発疹は痛みを伴い、口の中にびらんを生じるものもあります。

アレルギー性の発疹がみられる患者では、じんま疹やその他のアレルギー症状(鼻水や涙目など)が現れることがあります。また、喘鳴(ぜんめい)や危険な低血圧など、より重大な症状が現れることもあります。じんま疹は強いかゆみを伴うのに対し、かゆみがほとんど生じない薬疹もあります。

診断

  • 使用中の処方薬および市販薬の確認

  • 反応の原因になっている可能性の最も高い薬を中止して発疹が消えるかどうかをみる

  • ときに皮膚生検

発疹は、ごく少量の薬でも生じたり、薬を最初に使用してからかなり時間が経過した後に生じたり、薬を中止してから数週間または数カ月持続したりすることもあるため、ある薬が原因であるかどうかを知ることは困難な場合があります。点眼薬、点鼻薬、坐薬、ハーブ製品などの処方なしで購入できるものも含めて、患者が使用しているあらゆる薬が原因として疑われるため、医師は患者が使用している処方薬と市販薬をすべて確認します。医師は、患者が使用を開始した直後に発疹が現れた薬がないかを調べます。そして多くの場合、発疹を引き起こしている可能性が最も高い薬の使用を中止して、それにより発疹が消失するかどうかを確認します。

どの薬が発疹の原因であるかを特定するために、使用をやめると命にかかわる重要な薬を除いて、すべての薬の使用を中止せざるを得ない場合もあります。可能な限り、化学的に関係のない別の薬で代用します。そのような代替薬がない場合は、疑われる薬の使用を一度に1つずつ再開し、どの薬が反応を引き起こしているかを判断します。しかし、患者がその薬に対する重度のアレルギー反応を経験したことがある場合には、この方法は危険となる可能性があります。

皮膚テストは役に立たないことがあります。ときに、皮膚のサンプルを切除して顕微鏡で調べる検査(皮膚生検)を行うこともあり、特に重度またはまれな薬物反応が疑われる場合によく行われます。

治療

  • 原因薬の中止

  • 軽度の反応には、ときにかゆみを抑えるための抗ヒスタミン薬およびコルチコステロイドクリーム

  • 重度の反応には、ときに静注薬および入院

ほとんどの薬物反応は原因薬を中止すると消失します。

抗ヒスタミン薬の内服薬やコルチコステロイドのクリーム剤など、かゆみに対する標準的な治療法が必要に応じて用いられます。

重度のアレルギー性皮膚反応、特に喘鳴や呼吸困難などの重篤な症状を伴う場合(アナフィラキシーと呼ばれます)には、アドレナリン(注射で投与)のほか、通常は抗ヒスタミン薬とコルチコステロイドによる治療を行います。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP