Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

結節性紅斑

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

結節性紅斑は、皮膚の下に圧痛を伴う赤色または紫色の膨らみ(結節)が生じる脂肪織炎(皮下脂肪組織の炎症)の一種で、最もよくみられる部位はすねの皮膚ですが、腕など他の部位に生じることもあります。

  • 結節性紅斑は通常、薬物、感染(細菌、真菌またはウイルス)、または別の病気(炎症性腸疾患など)に対する反応により生じます。

  • 典型的な症状には、発熱、関節痛、すねの皮膚の痛みを伴う特徴的な赤い膨らみと青あざなどがあります。

  • 診断は症状に基づいて下されますが、胸部X線検査、血液検査、生検の結果による裏付けを得ることもあります。

  • 原因として疑われる薬(被疑薬)の使用を中止し、基礎にある病気や感染症を治療し、床上安静、非ステロイド系抗炎症薬、ときにはコルチコステロイドにより痛みを緩和します。

この病気を最も発症しやすいのは20代および30代の人で、特に女性に多くみられます。

結節性紅斑は、その大部分が他の病気の症状や薬の副作用として発生しますが、最大3分の1の患者では原因不明です。

最も一般的な原因には、以下のものがあります。

ほかに考えられる原因として、レンサ球菌以外の一部の感染症、様々な薬剤(抗菌薬の一種であるサルファ剤や経口避妊薬)、妊娠、結核ベーチェット病、数種類のがんなどがあります。

症状

結節性紅斑の結節は、押すと痛みがあり(圧痛)、通常はすねの皮膚にでき、徐々にピンク色から赤色や紫色、そして青みがかった茶色へと変化するため、隆起やあざに似ています。発熱と関節痛がよくみられます。

診断

  • 医師による評価

  • ときに生検

通常、痛みを伴う結節は医師にとって重要な情報をもった徴候です。

診断を確定するために、ときに結節を切除して顕微鏡で分析することもあります(生検)。

考えられる原因がないか調べるために他の検査も行われ、具体的には胸部X線検査、血液検査、結核用の皮膚テストなどがあります。

治療

  • 下肢の挙上(脚を上げておくこと)と冷湿布

  • 痛みに対し非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)

  • 基礎にある病気の治療

結節性紅斑はほぼ常に自然に治り、結節は治療を行わなくても3~6週間で消失します。結節による痛みの緩和には、床上安静、冷湿布、下肢の拳上、非ステロイド系抗炎症薬が助けになります。炎症を抑えるためにヨウ化カリウムの錠剤が投与されることもあります。

コルチコステロイドの服用が効果的ですが、発見されていない感染症があって、それを悪化させる可能性があるため、最後の手段として投与されます。

結節性紅斑を引き起こす可能性がある薬剤の使用を中止するとともに、基礎にある感染症やその他の病気を治療します。原因がレンサ球菌感染症である場合は、ペニシリンやセファロスポリン系などの抗菌薬を服用しなければならないことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP