Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

環状肉芽腫

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

環状肉芽腫(にくげしゅ)は、無害な皮膚の慢性疾患で、硬く盛り上がった小さな隆起が出現し、広がってリング状になりますが、中心部の皮膚は正常であるか、わずかにくぼんだ状態になります。

  • 環状肉芽腫は免疫反応により発生することがあります。

  • リングは1つのこともあれば、複数できることもあり、色は様々です。

  • 診断は通常、皮膚の外観に基づいて下されます。

  • 通常は治療しなくても自然に治ります。

原因は不明ですが、免疫反応の結果ではないかと考えられています。環状肉芽腫があることは、他の病気の存在を意味するものではありません。

少数の患者では、特定の要因によって環状肉芽腫の隆起が群発することがあります。そのような要因としては、日光への曝露、虫刺され、結核の皮膚テスト、BCG(カルメット-ゲラン桿菌)ワクチンの接種、けが、ボレリア属 Borrelia細菌の感染症、ウイルス感染症などがあります。

環状肉芽腫は女性で男性より2倍多くみられます。

症状

隆起は通常は赤色ですが、わずかに青みがかっていたり、淡い黄褐色または皮膚と同じ色のこともあり、1つだけの場合もあれば、複数ある場合もあります。隆起は圧痛を伴うことがありますが、通常は痛みもかゆみも引き起こしません。小児と成人の足、脚、手、手の指によく生じます。隆起はしばしば外側に拡大して、リング状になります。それぞれのリングの中心部は正常であるか、わずかにくぼんでいて、ときに青白かったり、明褐色であったりします。人によっては、リングが広範囲に生じることもあります。

診断

  • 医師による評価

  • ときに皮膚生検

環状肉芽腫の診断は通常、外観に基づいて下されます。

診断を確定するために、皮膚のサンプルを切除して顕微鏡で調べる検査(皮膚生検と呼ばれます)を行うこともあります。

治療

  • ときに皮膚に塗るコルチコステロイドまたはタクロリムス

  • 病変が広範囲に及んでいる場合は、ときにソラレンと紫外線A波照射の併用療法(PUVA)

ほとんどの場合、環状肉芽腫は治療を行わなくても治癒するため、症状がみられない人には治療は通常不要です。

コルチコステロイドのクリームを塗った上から防水加工の包帯を巻いたり、コルチコステロイドを含ませたサージカルテープを貼ったり、コルチコステロイドを注射したりすることが発疹を治すのに役立ちます。あるいは、タクロリムスを皮膚に塗ることもあります。

患部が広い面積に及ぶ患者では、しばしば光線療法(紫外線への曝露)とソラレン(皮膚を紫外線の作用に対して敏感にさせる薬剤)の併用治療が有益となります。この治療法は、ソラレンと紫外線A波照射の併用療法(PUVA)と呼ばれます。

リング状の病変が広範囲にみられる場合は、イソトレチノイン(isotretinoin)、ジアフェニルスルホン、シクロスポリンが効果的となる場合もあります。

ほかに考えられる治療法として、インフリキシマブ、アダリムマブ、様々な種類のレーザー治療があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP