Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

毛孔性角化症

執筆者:

Mercedes E. Gonzalez

, MD, University of Miami Miller School of Medicine

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

毛孔性角化症は、皮膚の上層から剥がれ落ちた死んだ細胞によって毛包の開口部(毛穴)がふさがれる、よくみられる病気です。

はっきりした原因は不明ですが、しばしば遺伝が関与しています。また、アトピー性皮膚炎の人では、毛孔性角化症が生じやすくなります。しかし、毛孔性角化症は過敏症や免疫系の病気ではないと考えられています。

症状

毛孔性角化症でみられる隆起は小さく、皮膚と同じ色または赤色をしていて、乾燥しています。毛包の場所に出現し、皮膚がざらついたように感じます。中心部に栓があり、小さな吹き出物のように見えることもあります。一般に、それらの隆起はかゆみや痛みを伴わず、見た目が気になるだけですが、ときにかゆみが生じることもあります。上腕、太もも、殿部によくできます。顔面にも出現することがあり、特に小児でよくみられます。寒い気候のときに現れやすく、夏季には消失することがよくあります。皮膚が赤く見えることもあります。

診断

  • 医師による皮膚の診察

通常、毛孔性角化症の診断は、典型的な患部の皮膚の外観と肌触りに基づいて下されます。

治療

  • 尿素またはアルファヒドロキシ酸を含有する専用の皮膚保湿剤

  • ときにレーザー治療

患者がこの病気の見た目に悩んでいなければ、治療は不要です。尿素またはアルファヒドロキシ酸(グリコール酸や乳酸など)を含有する皮膚保湿剤の使用が主な治療法です。ワセリン軟膏、サリチル酸、乳酸、尿素、または 処方薬の角質溶解剤(アダパレンやトレチノインなど)を含有するクリームを使用することもできます。

顔面に赤みがあり、患者がそれを悩んでいる場合は、パルス色素レーザー( 皮膚の異常に対するレーザー治療)を用いた治療を行うこともあります。

毛孔性角化症は、治療を中止するとよく再発します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP