Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

色素沈着

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

色素沈着とは皮膚の色が濃くなることで、その原因として最も多いのはメラニン(皮膚の色素)の異常な増加です。

日光にさらされると、メラノサイト(皮膚の色素の概要 皮膚の色素の概要 メラニンは、人の皮膚、毛髪、眼に様々な色合いをもたらしている色素です。どのような色になるか(色素の沈着)は、その人の皮膚に含まれるメラニンの量によって決まります。メラニンがなければ、皮膚は青白くなり、同時に皮膚から透けて見える血流のためにピンク色がかって見えます。皮膚の色が薄い人ではメラニンの生産量が非常に少なく、皮膚の色がやや濃い人では... さらに読む 皮膚の色素の概要 を参照)と呼ばれる特殊な皮膚細胞が色素であるメラニンを多く作り出すようになり(色素沈着)、その結果として皮膚の色が黒っぽくなります。皮膚の色の薄い人の中には、日光に反応して一部のメラノサイトが他のメラノサイトより多くのメラニンを作り出すことがあります。この不均衡なメラニンの生産のために、そばかすと呼ばれる色素の点が皮膚にできます。そばかすができやすい体質は家族内で遺伝します。日光以外の要因によっても、皮膚に点状または斑状(限局性)または広範なメラニンの増加が生じることがあります。まれに、メラニン以外の物質が皮膚の濃色化を引き起こす場合もあります。

限局性の色素沈着

限局性の色素沈着の原因としては以下のものがあります。

  • 皮膚の損傷

  • 皮膚の炎症

  • 日光に対する反応

  • 皮膚の異常な増殖物

色素沈着はまた、肝斑 肝斑 肝斑(かんぱん)は、日光のあたる部分の皮膚にできる斑状の暗褐色の色素沈着で、通常は顔面にできます。 肝斑では、皮膚に濃い色の斑が生じます。 診断は通常、皮膚の診察結果に基づいて下されます。 治療としては、日光に対する防御やクリーム剤による皮膚の脱色などを行います。 肝斑の原因として最も多いのはメラニン色素の過剰生産です。メラニンはメラノサイトと呼ばれる特殊な皮膚細胞によって作り出されます(皮膚の色素の概要を参照)。皮膚の色素が多すぎる状... さらに読む 肝斑 (かんぱん)、そばかす 黒子 色素沈着とは皮膚の色が濃くなることで、その原因として最も多いのはメラニン(皮膚の色素)の異常な増加です。 日光にさらされると、メラノサイト(皮膚の色素の概要を参照)と呼ばれる特殊な皮膚細胞が色素であるメラニンを多く作り出すようになり(色素沈着)、その結果として皮膚の色が黒っぽくなります。皮膚の色の薄い人の中には、日光に反応して一部のメラノサイトが他のメラノサイトより多くのメラニンを作り出すことがあります。この不均衡なメラニンの生産のため... さらに読む 黒子 黒子 黒子 色素沈着とは皮膚の色が濃くなることで、その原因として最も多いのはメラニン(皮膚の色素)の異常な増加です。 日光にさらされると、メラノサイト(皮膚の色素の概要を参照)と呼ばれる特殊な皮膚細胞が色素であるメラニンを多く作り出すようになり(色素沈着)、その結果として皮膚の色が黒っぽくなります。皮膚の色の薄い人の中には、日光に反応して一部のメラノサイトが他のメラノサイトより多くのメラニンを作り出すことがあります。この不均衡なメラニンの生産のため... さらに読む 黒子 、カフェオレ斑(平坦で褐色の斑点)の中や、黒色腫 黒色腫 黒色腫(メラノーマとも呼ばれます)は、色素を作り出す皮膚細胞(メラノサイト)から発生する皮膚がんです。 黒色腫は、正常な皮膚から発生する場合もあれば、すでにあったほくろから発生する場合があります。 皮膚に様々な色の斑点を伴う平坦または隆起した褐色の不規則な皮疹、あるいは黒または灰色の硬い隆起が現れます。 黒色腫の診断を下すには、生検を行います。 黒色腫を切除します。 さらに読む 黒色腫 など皮膚にできる腫瘍(しゅよう)の部分にも起きることがあります。

黒色表皮腫という病気の患者では、わきの下、首筋の皮膚や皮膚のひだに色の濃い肥厚した部分が生じます。黒色表皮腫は、糖尿病の一症状である場合もあります。

黒子

黒子(一般的に肝斑やしみとも呼ばれます)は、皮膚に生じる平らで淡い黄褐色から褐色の卵円形の斑点であり、以下の2種類があります。

  • 日光黒子

  • それ以外の黒子

日光黒子は、日光にさらされることで生じる、最も多いタイプの黒子です。顔面や手の甲など、日光にあたる部位に最もよく生じます。一般的には中年期に初めて出現し、年齢が上がるにつれて数が増えていきます。良性ですが、黒子がある人では黒色腫(メラノーマ)のリスクが高くなることがあります。

日光黒子以外の黒子は、日光にさらされることが原因ではないものです。ポイツ-イェガース症候群 腸ポリープの原因となる遺伝性疾患 腸ポリープの原因となる遺伝性疾患 (唇にできる多数の黒子と胃腸にできる多数のポリープを特徴とする)、色素性乾皮症、汎発性黒子症候群(LEOPARD症候群)などの、ある種のまれな遺伝性の病気の人に生じることがあります。

数があまり多くなければ、黒子は凍結療法やレーザー治療により取り除くことができます。ハイドロキノンなどの脱色剤は効果がありません。

広範な色素沈着

広範な色素沈着の原因としては以下のものがあります。

  • ホルモン量の変化

  • 内臓の病気

  • 薬剤、化学物質、重金属

アジソン病 アジソン病 アジソン病は副腎機能の低下によって、副腎ホルモンが不足する病気です。 アジソン病の原因には、自己免疫反応、がん、感染症、その他の病気などがあります。 アジソン病の人は、脱力感や疲労感が生じ、座ったり横になったりした姿勢から立ち上がるとめまいを起こすほか、皮膚の黒ずみがみられる場合もあります。 ナトリウムとカリウムの血中濃度と、コルチゾール値および副腎皮質刺激ホルモンの値の測定によって診断されます。... さらに読む アジソン病 、妊娠、ホルモン避妊薬の使用によってホルモン量が変化したために皮膚のメラニン分泌が増加し、色が濃くなることがあります。原発性胆汁性胆管炎 原発性胆汁性胆管炎(PBC) 原発性胆汁性胆管炎(PBC)は、肝臓内の胆管が炎症を起こし、進行性の瘢痕化が起こる病気です。最終的には胆管がふさがり(閉塞)、肝臓が瘢痕化して、肝硬変や肝不全を発症します。 原発性胆汁性胆管炎(PBC)は、おそらく自己免疫反応に起因して発生すると考えられています。 通常、この病気は、かゆみ、疲労、口腔乾燥とドライアイ、黄疸を引き起こしますが、症状がみられない患者もいます。 通常は、特定の抗体を測定する血液検査で診断を確定できます。... さらに読む という肝疾患(以前は原発性胆汁性肝硬変と呼ばれていました)でもメラニンの生産が増加することがあります。

色素沈着の中には、メラニンではなく、正常な状態では皮膚に存在しない他の色素性物質により生じるものがあります。例えば、体内の過剰な鉄分により生じるヘモクロマトーシス ヘモクロマトーシス ヘモクロマトーシスは、鉄が過剰に吸収される遺伝性疾患で、体内に鉄が蓄積され、臓器に損傷を与えます。 (鉄過剰症の概要も参照のこと。) 米国には、100万人以上のヘモクロマトーシス患者がいます。男性の方が女性より多く罹患します。致死的となることもありますが、たいていは治療可能です。 鉄は摂取する食事から吸収されます。ほとんどの鉄は赤血球に収容されます。 この疾患では鉄が体のあらゆる場所に蓄積して損傷を与えます。 さらに読む ヘモジデリン沈着症 ヘモジデリン沈着症 ヘモジデリン沈着症とは、組織中にヘモジデリンと呼ばれる鉄の沈着が起こり、それが過剰に蓄積することを指して使われる用語です。 ヘモジデリン沈着症が起こる部位として多いのは肺や腎臓です。ヘモジデリン沈着症の原因には以下のものがあります。 組織への直接出血後、赤血球が分解されて組織内に鉄が放出される 血管内で赤血球が破壊されることによって血液中に鉄が放出され、腎臓で血液の老廃物がろ過される際に腎臓内に鉄が蓄積する... さらに読む などの病気で色素沈着が生じることがあります。特定の薬剤、化学物質、金属(皮膚に塗る、服用する、注射するものなど)が色素沈着の原因になることもあります。

薬剤、化学物質、重金属による色素沈着

色素沈着の原因になる薬剤、化学物質、重金属としては以下のものがあります。

  • アミオダロン

  • ハイドロキノン

  • 抗マラリア薬

  • テトラサイクリン系抗菌薬

  • フェノチアジン系薬剤

  • 一部の抗がん剤(化学療法薬)

  • 一部の三環系抗うつ薬

  • 一部の重金属(銀、金、水銀など)

色素沈着が生じる部位は通常は広範ですが、薬剤によっては一定の部位にのみ生じることもあります。例えば、特定の薬(例:一部の抗菌薬、NSAID、バルビツール酸系の薬剤)を服用するたびに同じ部分の皮膚に限局して発疹が現れる、固定薬疹と呼ばれる反応が起きるケースもあります。この場合は、最終的に患部の皮膚に色素沈着が生じます。

薬剤、化学物質、金属の種類とそれらの濃度が高くなる皮膚内の部位により、色素沈着の色が紫色、青黒色、黄褐色、または青っぽい色、銀色っぽい色、灰色っぽい色になることがあります。皮膚に加え、歯、爪、眼の白い部分(強膜)、口の内壁(粘膜)が変色することもあります。これらの薬剤の多くでは、原因になる薬剤を中止すると色素沈着はしばしば薄くなりますが、薬剤によっては色素沈着が永続的となることもあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP