Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

肝斑

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

レビュー/改訂 2022年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

肝斑(かんぱん)は、日光のあたる部分の皮膚にできる斑状の暗褐色の色素沈着で、通常は顔面にできます。

  • 肝斑では、皮膚に濃い色の斑が生じます。

  • 診断は通常、皮膚の診察結果に基づいて下されます。

  • 治療としては、日光に対する防御やクリーム剤による皮膚の脱色などを行います。

日光にあたる時間が多い人では肝斑を生じるリスクが高くなります。その他の危険因子として、自己免疫性甲状腺疾患や、一部の人で皮膚を日光の作用に敏感にさせる薬剤などがあります。

肝斑の症状

皮膚に不規則な形をした濃い色の斑状の領域が現れますが、通常は顔面の左右両側にみられます。たいていの場合、その色素沈着は顔面の中央部や頬、額、こめかみ、上唇、鼻にみられます。顔面の片側だけに斑ができることもあります。まれですが、肝斑が前腕部に現れることもあります。肝斑はかゆみも痛みもなく、見た目が気になるだけです。

肝斑の診断

肝斑の治療

  • 皮膚脱色用のクリーム

  • ときにケミカルピーリングまたはレーザー治療

  • 日光に対する防御

皮膚に対する治療は、色素沈着が皮膚の上層で起きている場合にのみ効果があります。ハイドロキノンやトレチノインを含有した脱色作用のあるクリーム剤やコルチコステロイドを組み合わせることで、肝斑の色を薄くするのに役立つ可能性があります。ただし、ハイドロキノンを長期間使用すると、ときに永続的な色素沈着が起きる可能性がありますので、この薬は必ず医師の指導を受けて使用する必要があります。アゼライン酸を含有するクリームは、ハイドロキノン、トレチノインの代わりに、あるいは併用で使用できます。

皮膚脱色用のクリームで効果がみられない患者に対しては、グリコール酸やトリクロロ酢酸によるケミカルピーリングを試すこともあります。

妊娠中には、アゼライン酸のクリームやグリコール酸のケミカルピーリング剤は安全に使用できますが、ハイドロキノンやトレチノインの使用は安全ではありません。

レーザー治療や経口薬のトラネキサム酸も用いられます。

治療した皮膚は日焼けを起こしやすくなるため、治療中と治療後は日光に対する防護をしっかり行う必要があります。また、治療を行った部位では日光を数時間浴びるだけでも再び色素沈着が始まる可能性があり、数カ月に及ぶ治療の成果が台無しになることもあります。

肝斑がある人は、状態の悪化を防ぐために、紫外線防御指数(SPF)が30以上の 日焼け止め 日焼け止め 日焼けは、強い紫外線を短時間で浴びた(急性曝露)結果として起こります。 紫外線を浴びすぎると、日焼けが生じます。 日焼け(サンバーン)が起こると、皮膚は赤くなって痛み、ときに水疱が現れたり、発熱や悪寒が生じたりすることもあります。 日光を浴びすぎないようにし、日焼け止めを塗ることで、日焼けを予防することができます。 冷水湿布、保湿剤、および非ステロイド系抗炎症薬により、日焼けが治るまで痛みを和らげることができます。 さらに読む 日焼け止め を使用し、 保護効果の高い衣類 衣類 日焼けは、強い紫外線を短時間で浴びた(急性曝露)結果として起こります。 紫外線を浴びすぎると、日焼けが生じます。 日焼け(サンバーン)が起こると、皮膚は赤くなって痛み、ときに水疱が現れたり、発熱や悪寒が生じたりすることもあります。 日光を浴びすぎないようにし、日焼け止めを塗ることで、日焼けを予防することができます。 冷水湿布、保湿剤、および非ステロイド系抗炎症薬により、日焼けが治るまで痛みを和らげることができます。 さらに読む 衣類 を着用し、 日光曝露を回避す 日光を避ける 日焼けは、強い紫外線を短時間で浴びた(急性曝露)結果として起こります。 紫外線を浴びすぎると、日焼けが生じます。 日焼け(サンバーン)が起こると、皮膚は赤くなって痛み、ときに水疱が現れたり、発熱や悪寒が生じたりすることもあります。 日光を浴びすぎないようにし、日焼け止めを塗ることで、日焼けを予防することができます。 冷水湿布、保湿剤、および非ステロイド系抗炎症薬により、日焼けが治るまで痛みを和らげることができます。 さらに読む 日光を避ける る必要があります。化学的な日焼け止めの大半は、紫外線から皮膚を保護する効果があるものの、可視光線からは保護しません。可視光線に対する物理的な遮断作用をもつ天然ミネラルである酸化亜鉛または二酸化チタンも含有する、色付きの日焼け止めを使用するべきです。防御効果を高めるために、ミネラルと抗酸化物質の両方を含有する日焼け止めを使用することができます。防御効果をさらに高めるために、ダイオウウラボシ(Polypodium leucotomos)の栄養補助食品を服用することができます。

皮膚を日光から防御しておけば、多くの場合、妊娠が終わった後や経口避妊薬の服用を中止した後に色が薄くなっていきます。男性では、肝斑が薄くなることはまれです。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP