Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

白斑

執筆者:

Shinjita Das

, MD, Harvard Medical School

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

白斑は、メラノサイトが喪失することで皮膚に白い斑状の領域が現れる病気です。

  • 皮膚の白い斑は体の様々な部分に生じます。

  • 診断は通常、皮膚の外観に基づいて下されます。

  • コルチコステロイドクリームなどの薬剤の外用や、皮膚の光に対する感受性を高める薬剤を併用した光線療法が皮膚の色素の再生に役立つことがありますが、必要であれば皮膚移植も行われます。

白斑を発症する人の割合は最大2%です。

白斑の原因は分かっていませんが、皮膚の色素沈着 皮膚の色素の概要 メラニンは、人の皮膚、毛髪、眼に様々な色合いをもたらしている色素です。どのような色になるか(色素の沈着)は、その人の皮膚に含まれるメラニンの量によって決まります。メラニンがなければ、皮膚は青白くなり、同時に皮膚から透けて見える血流のためにピンク色がかって見えます。皮膚の色が薄い人ではメラニンの生産量が非常に少なく、皮膚の色がやや濃い人では... さらに読む 皮膚の色素の概要 の病気であり、皮膚のメラニン 皮膚の色素の概要 メラニンは、人の皮膚、毛髪、眼に様々な色合いをもたらしている色素です。どのような色になるか(色素の沈着)は、その人の皮膚に含まれるメラニンの量によって決まります。メラニンがなければ、皮膚は青白くなり、同時に皮膚から透けて見える血流のためにピンク色がかって見えます。皮膚の色が薄い人ではメラニンの生産量が非常に少なく、皮膚の色がやや濃い人では... さらに読む 皮膚の色素の概要 色素を作っている細胞(メラノサイト)に対する免疫系による攻撃が関わっていると考えられます。白斑は家系内で多発する傾向がありますが、自然に生じることもあります。他のある種の病気と一緒に生じることもあります。白斑には自己免疫疾患 自己免疫疾患 自己免疫疾患とは免疫系が正常に機能しなくなり、体が自分の組織を攻撃してしまう病気です。 自己免疫疾患の原因は不明です。 症状は、自己免疫疾患の種類および体の中で攻撃を受ける部位によって異なります。 自己免疫疾患を調べるために、しばしばいくつかの血液検査が行われます。 治療法は自己免疫疾患の種類によって異なりますが、免疫機能を抑制する薬がしばしば使用されます。 さらに読む (体が自分の組織を攻撃する)が関わっており、甲状腺疾患が最もよくみられます。最も関連性が強いのは甲状腺の活動過剰(甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症 甲状腺機能亢進症は甲状腺が働きすぎている状態で、甲状腺ホルモンの値が高く、身体の重要な機能が働く速度が上昇します。 バセドウ病は甲状腺機能亢進症の原因として最もよくみられます。 心拍数と血圧の上昇、不整脈、過剰な発汗、神経質や不安、睡眠障害、意図しない体重減少などの症状がみられます。 診断は血液検査により確定されます。 甲状腺機能亢進症の管理には、チアマゾールまたはプロピルチオウラシルが用いられます。 さらに読む 甲状腺機能亢進症 、特にバセドウ病が原因の場合)と甲状腺の活動不足(甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症 甲状腺機能低下症は、甲状腺の働きが低下し、甲状腺ホルモンの分泌が不十分になる病気で、身体の重要な機能が働く速度が低下します。 顔の表情が乏しく、声がかすれ、話し方はゆっくりになり、まぶたは垂れて、眼と顔が腫れます。 通常は1回の血液検査で診断が確定されます。 甲状腺機能低下症の人は、生涯にわたって甲状腺ホルモンの投与を受ける必要があります。 (甲状腺の概要も参照のこと。) さらに読む 甲状腺機能低下症 、特に橋本甲状腺炎 橋本甲状腺炎 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。 最初、甲状腺は正常に機能していることもあれば、活動が不十分なこともあり(甲状腺機能低下症)、まれですが活動が過剰になっていること(甲状腺機能亢進症)もあります。 ほとんどの人が最終的に甲状腺機能低下症になります。 甲状腺機能低下症では通常、疲労を感じ、寒さに耐えられなくなります。 さらに読む が原因の場合)です。糖尿病 糖尿病 糖尿病は体が必要とするインスリンを十分に産生しないため、血糖(ブドウ糖)値が異常に高くなる病気です。 排尿が増加し、のどが渇き、減量しようとしていないのに体重が減少します。 神経を損傷し、知覚に問題が生じます。 血管を損傷し、心臓発作、脳卒中、慢性腎臓病、視力障害のリスクが高まります。... さらに読む アジソン病 アジソン病 アジソン病は副腎機能の低下によって、副腎ホルモンが不足する病気です。 アジソン病の原因には、自己免疫反応、がん、感染症、その他の病気などがあります。 アジソン病の人は、脱力感や疲労感が生じ、座ったり横になったりした姿勢から立ち上がるとめまいを起こすほか、皮膚の黒ずみがみられる場合もあります。 ナトリウムとカリウムの血中濃度と、コルチゾール値および副腎皮質刺激ホルモンの値の測定によって診断されます。... さらに読む アジソン病 悪性貧血 ビタミンB12欠乏症 ビタミンB12(コバラミン)は葉酸とともに、赤血球の形成と成熟、および細胞の遺伝物質であるDNA(デオキシリボ核酸)の合成に必要です。ビタミンB12はまた、正常な神経機能にも必要です。 (ビタミンの概要も参照のこと。) 肉(特に牛肉、豚肉、レバーなどの内臓肉)、卵、栄養強化シリアル、牛乳、アサリ、カキ、サケ科の魚、ツナ(マグロなど)などには、ビタミンB12が豊富に含まれています。... さらに読む の患者でも白斑が発症しやすい傾向がみられます。しかし、これらの病気と白斑の関係は不明です。

白斑は、かなりの心理的苦痛の原因になることがあり、特に皮膚の色が濃い人ではその傾向があります。

症状

境界がはっきりした白斑が1~2個生じる人もいれば、体の広範囲にわたって生じる人もいます。まれに、皮膚の表面の大半に生じることもあります。皮膚の色が濃い人ほど変化が際立って見えます。白斑が現れやすい部位は顔面、手足の指、手首、肘、膝、手、むこうずね、足首、わきの下、肛門と陰部、へそ、乳首です。患部の皮膚は非常に日焼けしやすくなります。白斑が生じた部分では毛包からメラノサイトが失われているため、そこに生える毛髪も白くなります。

様々な外観を呈した白斑

診断

治療

  • 日光に対する防御

  • コルチコステロイドとカルシポトリオール(calcipotriene)のほか、ときにその他の物質を含有するクリーム剤による外用療法(皮膚に塗る治療法)

  • 光線療法とソラレン

  • 手術

  • 症状が出ていない皮膚の脱色

外用療法

白斑が小さければ、強いコルチコステロイドクリームを使用することで皮膚の色が濃くなる場合があります(色素再生)。強いコルチコステロイドクリームで副作用が出ることのある顔面や鼠径部には、タクロリムスやピメクロリムスなどの薬剤を塗ることもあります。ビタミンDの一種であるカルシポトリオール(calcipotriene)をベタメタゾン(コルチコステロイドクリーム)と混ぜたものも有効で、いずれかを単独で使用するより効果が高くなります。白斑の部分の色を濃くするために、ブロンザーや皮膚用染料、化粧品などを使用する人もいます。

光線療法とソラレン

白斑ができた部分にもメラノサイトがわずかに残っている例が多いため、医療機関で光線療法(紫外線を照射する治療法)を行うと、半数以上の患者ではメラノサイトが刺激されて、再び色素を作るようになります( 光線療法 光線療法 乾癬(かんせん)は、1つまたは複数の盛り上がった赤い斑が生じる、再発を繰り返す慢性の病気で、それらの斑は銀白色の鱗屑(うろこ状のくず)を伴い、正常な皮膚との境界ははっきりしています。 免疫系の問題が関わっている可能性があり、遺伝的に乾癬を生じやすい人もいます。 特徴的な鱗屑または赤い斑が全身のあらゆる部分に様々な大きさで生じますが、特に肘、膝、頭皮によくみられます。 この病気の治療は、皮膚に塗る薬剤(外用薬)、紫外線照射(光線療法)、内... さらに読む 光線療法 を参照)。特に、ソラレン(皮膚を光に敏感にさせる薬剤)と紫外線A波を併用する光線療法(PUVA療法)か、ソラレンは使用せずに狭い波長範囲の紫外線B波(ナローバンドUVB)を用いる光線療法を行うことができます。しかし、光線療法は効果が出るまでに数カ月から数年かかり、ずっと継続しなければならない場合もあります。皮膚がんの発生につながる可能性もあります。コルチコステロイドクリームに反応しない小さな白斑のある患者に対し、まれにレーザーが使われることもあります。

ヤヌスキナーゼ阻害薬(またはJAK阻害薬)という新しい種類の薬剤が、白斑に対する治療選択肢の候補として登場しています。しかし、この種の薬剤は、使用を中止すると色素脱失が再発する可能性があります。

手術

光線療法で効果が得られない部分については、様々な方法による皮膚移植、さらには本人の正常な皮膚からメラノサイトを移植する方法によって治療することもあります。特に色素の生産を再び刺激することが難しい部位(乳首、唇、指先など)には、刺青も有用です。

脱色

かなり広範囲に白斑が生じている場合には、皮膚の色を均一にするために、白斑が出ていない部分の皮膚に対する脱色を希望する人もいます。皮膚の脱色は、強いハイドロキノンのクリームを数週間から数年にわたって、脱色したい部分の皮膚に繰り返し塗ることによって行います。このクリームによって強い刺激が生じることがあります。脱色の効果(永久的な色素の喪失など)は元には戻りません。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP