Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

膿痂疹と膿瘡

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

膿痂疹(のうかしん)とは、黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus、化膿レンサ球菌 Streptococcus pyogenes、またはこの両方によって引き起こされる皮膚感染症で、黄色いかさぶた(痂皮[かひ])を伴ったびらんができるほか、ときに黄色い液体が詰まった小水疱ができることもあります。膿瘡(のうそう)は膿痂疹の一種で、皮膚により深いただれを引き起こします。

皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。)

膿痂疹はよくみられる病気です。特に小児に多くみられます。膿痂疹は体のどこにでも生じますが、特に多いのは顔面、腕、脚です。様々な大きさの水疱が生じることがあり(水疱性膿痂疹)、それらは数日から数週間残ります。膿痂疹はしばしば正常な皮膚に生じますが、けがをした後や、真菌感染症、日焼け、虫刺されのように、皮膚に傷ができた状態の後にも生じます。衛生状態の悪さや湿気の多い環境も危険因子です。人によっては、ブドウ球菌やレンサ球菌が病気を引き起こすことなく鼻の中に生息している場合があります(そのような人は鼻腔内保菌者と呼ばれます)。このような鼻腔内の細菌が本人やときに他人に繰り返し感染を起こすことがあります。

膿痂疹と膿瘡はかゆみを伴い、わずかに痛みもあります。かゆみがあると、しばしばその部分を強くかいてしまうことで、感染部分が広がってしまいますが、特に小児でその傾向が強くみられます。この病気は感染力が非常に強く、感染部位から正常な皮膚へ、また患者からほかの人へと容易に感染します。典型的な膿痂疹では、小さな水疱が複数集まって出現し、それらが破れてハチミツのような色の痂皮がびらんの部分に形成されます。水疱性膿痂疹も同様ですが、しばしばびらんが急速に大きくなって大きな水疱を形成する点が異なります。できた水疱は破れて下の皮膚が大きく露出し、それがハチミツ色のにかわ状の物質や痂皮で覆われます。

膿瘡は小さな浅い潰瘍が特徴で、打ち抜かれたような外観を呈し、しばしば中に膿が入っています。潰瘍を覆っている痂皮は、膿痂疹で生じるものより厚くなります。色は黒褐色です。一般的には潰瘍の周辺が赤紫色になって腫れます。膿痂疹と同様に、膿瘡もかゆみや軽い痛みを伴うことがあります。

診断は発疹の外観に基づいて下されます。感染を繰り返す場合は、鼻の中から擦過物のサンプルを採取し、検査室でブドウ球菌またはレンサ球菌の鼻腔内保菌者であるかどうかを調べます。

感染部分の皮膚は、1日に数回、石けんと水で優しく洗うことで、痂皮を落とします。小さな部位は抗菌薬の軟膏またはクリームを皮膚に直接塗って(外用)治療します。面積が広い場合や外用抗菌薬で治癒しない場合は、抗菌薬の服用が必要になります。鼻腔内保菌者については、鼻腔に外用抗菌薬を塗って治療します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP