Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚細菌感染症の概要

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

皮膚は、細菌感染を防ぐ非常に優秀なバリアとしての役目を果たしています。皮膚には外界の様々な細菌が接触するほか、元から皮膚に生息している細菌も多くいますが、正常な状態では、これらの細菌の感染が成立することはありません。皮膚細菌感染症が起きた場合、その範囲は小さな点状のものから、体表面全体に及ぶものまで様々です。重篤さの程度も、害のないものから生命を脅かすものまで多様です。

分類と原因

この種の感染症は、その大半で皮膚だけでなく皮膚の下の組織も侵されることから、正式には皮膚・軟部組織感染症(SSTI)に分類され、以下のような比較的軽い感染症が含まれます。

現在では急性細菌性皮膚・皮膚組織感染症(ABSSSI)と呼ばれている、より重篤な感染症

皮膚に感染する細菌には多くの種類がありますが、最も一般的なものはブドウ球菌 Staphylococcusとレンサ球菌 Streptococcusです。現在の米国では、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus(MRSAとも呼ばれます)が皮膚感染症の原因菌として最も多くみられる細菌となっています。米国で治療される皮膚・軟部組織感染症(院内感染は除く)の半数以上が、ある特定の菌株のMRSAによるものとされています。MRSAは数種類の抗菌薬に耐性を示すことから、治療に当たる医師は、その地域でMRSAがどれくらいの頻度で検出されているかと、その菌がよく使用される抗菌薬に耐性を示すかどうかに基づいて、治療を個別化します。それほど一般的ではない細菌による皮膚への感染が、入院中、介護施設の入居中、庭仕事の最中、あるいは池、湖、海での遊泳中に起こることもあります。

危険因子

皮膚の細菌感染症を発症するリスクが特に高い人もいます。

  • 糖尿病の人:血流が悪くなりやすく(特に手や足)、血糖値が高いために感染から体を守るという白血球の働きが弱まっているため

  • 高齢者

  • ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症、エイズ、その他の免疫疾患、または肝炎のある人

  • 化学療法など、免疫系の働きを抑制する薬を用いた治療を受けている人

日焼けやひっかき傷、外傷などによって皮膚に炎症や損傷が生じている場合も、細菌感染が起こりやすくなります。実際、どのような傷でも皮膚に外傷がある場合には、感染が生じやすくなります。

予防と治療

皮膚細菌感染症の予防法は、皮膚を傷のない清潔な状態に保つことです。皮膚に切り傷やすり傷を負った場合は、石けんと水で傷を洗い、滅菌された包帯や絆創膏で覆います。傷口が開いている場合は、ワセリンを塗ってその部分の組織をうるおった状態に保ち、細菌が侵入してくるのを防ぎます。抗菌薬の軟膏(処方薬または市販薬)は、アレルギーを引き起こすリスクがあることから、感染が起きていない軽い傷には使用しないよう推奨されています。

しかし、感染が起きた場合には、抗菌薬の軟膏を使用します。範囲が広い場合は、抗菌薬の経口投与または注射が必要になります。膿瘍(内部に膿がたまった空洞)は切開して膿を排出し、壊死した皮膚組織があれば、外科的に切除する必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP