Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚の壊死性感染症

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

皮膚の壊死性感染症は、感染した部分の皮膚と組織が死んでしまうこと(壊死)を特徴とする重症の蜂窩織炎の一種で、壊死性蜂窩織炎と壊死性筋膜炎がこのカテゴリーに含まれます。

  • 患部の皮膚は赤くなって触れると熱く感じられ、ときに腫れることもあり、また皮膚の下に気泡が生じることがあります。

  • 通常、患者は強い痛みを感じて非常に具合が悪くなり、高熱が出ます。

  • 治療としては、壊死した皮膚を取り除き(広範囲の手術が必要になることもあります)、抗菌薬を静脈内投与します。

皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。)

ほとんどの皮膚感染症では、感染した皮膚や付近の組織が壊死することはありません。しかし、ときに細菌感染が起きた部分の皮膚にある微小な血管に血栓ができて詰まることがあります。血管が詰まると、その血管から栄養を受けている組織に血液が流れなくなり、組織が壊死してしまいます。血流を介して全身を保護している免疫系の要素、つまり白血球や抗体なども、その部分に行き届かなくなるため、感染が急速に広がって、コントロールするのが困難になります。こうなると、適切な治療を行っても死に至る可能性があります。

皮膚の壊死性感染症の中には、筋肉を覆う結合組織の表面(筋膜)に沿って皮膚の深部で壊死が広がっていくものがあり、これを壊死性筋膜炎といいます。皮膚の外側の層に沿って壊死を伴う感染が広がるものもあり、これは壊死性蜂窩織炎と呼ばれます。皮膚の壊死性感染症を引き起こす細菌には、レンサ球菌属 Streptococcusやクロストリジウム属 Clostridiaなど、いくつかの種類がありますが、この種の感染症の多くは複数の細菌が同時に感染することによって起こります。特にレンサ球菌による皮膚の壊死性感染症は、俗に「人喰いバクテリア」による感染症と呼ばれていますが、ほかのものとの違いはほとんどありません。

皮膚の壊死性感染症には刺し傷や裂傷がもとになって起こるものがありますが、その傷が土や破片で汚れている場合に特に起こりやすくなります。また、外科的な処置のため切開した部分や、さらには正常な皮膚から感染が始まることもあります。憩室炎(けいしつえん)、腸穿孔、または腸の腫瘍がある人では、腹壁、性器周辺、太ももの皮膚に壊死性感染症が発生することがあります。これらの感染症は、ある種の細菌が腸内から外へ出て皮膚まで広がることで起こります。そのような細菌は、まず腹腔内に膿瘍(内部に膿がたまった空洞)を形成し、それから皮膚表面へと直接広がるか、血流を介して皮膚や他の臓器に広がります。糖尿病の人では、皮膚の壊死性感染症のリスクが特に高くなっています。

症状

多くの場合、最初の症状は蜂窩織炎とほぼ同じです。感染部の皮膚は最初は青白く見えますが、すぐに赤くなるか日焼けしたような色になり、触れると熱く感じられ、ときに腫れることもあります。その後、皮膚は紫色に変色しますが、そこに液体の詰まった大きな水ぶくれ(水疱)ができることがよくあります。この水疱の中にある液体は、茶色くて水っぽく、悪臭がすることもあります。皮膚組織が壊死した部分は黒くなります(壊疽)。クロストリジウム属 Clostridiaや複数の細菌が原因であるものなど、一部の種類の感染症では、ガスが発生します。そのガスは皮膚の下やときに水疱の中で気泡を作るため、その部分の皮膚を押すとパチパチとはじけるように感じられます。初期段階では、感染を起こした部分が極めて強く痛みますが、皮膚組織が壊死すると神経が働かなくなるため、その部分は感覚を失い、何も感じなくなります。

通常は、非常に具合が悪くなり、高熱と頻脈がみられ、精神機能が低下して混乱や意識消失をきたします。細菌から分泌された毒素と感染に対する体の反応の両方が原因になって、血圧が低下することがあります(敗血症性ショック)。毒素性ショック症候群を発症することもあります。

診断

皮膚の壊死性感染症の診断は、感染部の皮膚の外観、特に皮膚の下に気泡が発生しているかどうかに基づいて下されます。X線検査でも皮下のガスの発生が分かる場合があります。血液検査では通常、白血球数の増加がみられます(白血球増多症)。原因菌の特定は、血液や組織のサンプルを検査室で分析することによって行います。ただし、原因菌の特定を待たずに治療を開始する必要があります。

予後(経過の見通し)

全体での死亡率は約30%です。高齢者、ほかの病気にもかかっている人、感染がかなり進行している人では、さらに経過の見通しが悪くなります。診断や治療が遅れたり、壊死した組織の外科的切除が不十分だったりした場合にも、予後は悪くなります。

治療

壊死性筋膜炎の治療としては、外科手術により壊死した組織を切除した上で抗菌薬の静脈内投与を行います。皮膚、皮下組織、筋肉を大量に切除しなければならない場合も多く、感染した腕や脚を切断せざるを得なくなることもあります。また、手術の前後で大量の輸液(静脈から水分を補給すること)が必要になることがあります。高圧酸素室での治療を推奨している医師もいますが、この方法がどれほど有用かはよく分かっていません。毒素性ショック症候群を併発した人では、免疫グロブリン製剤の静脈内投与を行うことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP