Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

毛包炎と皮膚膿瘍

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

毛包炎と皮膚膿瘍は、細菌感染によって皮膚の内部に膿のたまった空洞ができたものです。浅いものもあれば、深いものがあり、毛包だけに生じることもあれば、皮膚のさらに深い部分まで及ぶこともあります。

皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。)

毛包炎は毛包に生じる皮膚膿瘍の一種です。膿瘍は、皮膚の表層とより深い部分のいずれにも生じ、必ずしも毛包炎を伴いません。膿瘍の大半は黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusが原因で、皮膚の表面に内部に膿がたまった空洞ができます。最近、かつては有効だった抗菌薬に対して耐性を示すブドウ球菌 Staphylococcusが原因菌として増えてきています。そのような菌はメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus(MRSA)と呼ばれています。

ブドウ球菌は毛包、小さなひっかき傷、刺し傷などから皮膚の中に入り込むことがありますが、細菌の侵入口がどこか分からない場合も多くあります。混み合った環境に住む人、衛生状態がよくない人、慢性の皮膚病がある人、鼻の中にブドウ球菌 Staphylococcusが生息している人などは、毛包炎や皮膚膿瘍が起きやすい傾向があります。一般的な危険因子として、免疫機能の低下、肥満、高齢があり、糖尿病も危険因子である可能性があります。原因不明のまま、この感染症が繰り返し起こる場合もあります。

再発を繰り返す人では、ブドウ球菌 Staphylococcusを根絶するために、抗菌石けんで全身を洗う、抗菌薬の軟膏を鼻の中の細菌が隠れられる部分に塗る、抗菌薬を内服するといった指示が医師から与えられることがあります。

毛包炎

毛包炎は毛包の感染症です。毛の根元が、小さな赤いまたは白い吹き出物のようになります。1つの毛包だけに生じることもあれば、多くの毛包に生じることもあります。感染した毛包には、かゆみやかすかな痛みがありますが、それ以外に特に具合が悪く感じられることはありません。

塩素処理が不十分な循環式の浴槽やジェットバスなどに入った後に、この病気を発症することがあります。このような毛包炎は緑膿菌 Pseudomonas aeruginosaにより生じるもので、「温浴毛包炎」や「温浴皮膚炎」などとも呼ばれます。この病気は入浴後6時間から5日以内に発症します。水着で覆われていた部分、つまり体幹や殿部などの部位の皮膚に最もよく生じます。

スポーツ用具の下になった部位や殿部など、湿気や摩擦が生じやすい部位に軽度の毛包炎が生じることもあります。

感染部の毛は抜け落ちやすくなりますが、新しい吹き出物がよく生じます。

ひげ(須毛)を剃った後に、硬い毛が丸まって皮膚の中に入り込んでしまい(ひげの内方発育)、軽度の刺激感と炎症を引き起こすことがあります。しかし、この場合は感染が起きているわけではなく、この種の毛包炎は須毛部仮性毛包炎と呼ばれています。

毛包炎の治療は、抗菌洗浄剤や皮膚に直接塗る(外用)抗菌薬によって行います。毛包炎の範囲が広い場合は、抗菌薬の服用が必要になります。温浴毛包炎は、特に治療をしなくても1週間以内に治ります。しかし、再発を予防するとともに、ほかの人を感染から守るため、循環式の浴槽やジェットバスに対して十分な塩素消毒を行う必要があります。ひげの内方発育によって生じた毛包炎には、いくつかの治療法があり、その効果は様々です。ひげ剃りを一時的に控えることが必要になる場合もあります。

重度の毛包炎が再発する場合は、細菌培養検査(膿のサンプルを採取し、検査室で培地に入れて微生物を増殖させる検査)を行うこともあります。培養検査の結果を参考にして、使用する抗菌薬が選択されます。

皮膚膿瘍

皮膚膿瘍は、表皮の下にできた空洞の中に膿がたまったもので、熱感と痛みを伴い、体表のどこにでも生じます。膿瘍の大きさは直径が約2.5~10センチメートル程度です。

「せつ」(おでき)とは、押すと痛みのある(圧痛がある)比較的小さな皮膚表層にできた膿瘍で、その定義上、1つの毛包とその周囲の組織に生じるものです。せつは首、乳房、顔面、殿部によくできます。この病変は不快で、下にある組織と密着している場合(例えば鼻、耳、指にできた場合)には、痛みが出ることもあります。

「よう」とは、皮膚表面の下で複数のせつがつながってできたものです。治療しない場合、膿瘍はしばしば皮膚の表面に達して破れ、白色またはピンク色のクリーム状の液体が排出されます。膿瘍から細菌が広がり、周囲の組織やリンパ節に感染が広がることもあります。熱が出て(発熱)、全身的に具合が悪くなることもあります。

皮膚膿瘍は温罨法(おんあんぽう)で治ることがあります。あるいは、膿瘍を切開して、中の膿を排出して治療することもあります。膿瘍から膿を排出した後は、膿瘍の空洞にできた小さなくぼみを器具を使って開き、滅菌した生理食塩水を注入して、くぼみの中に膿が残らないように洗浄します。ときに、膿を排出した後のくぼみをガーゼで24~48時間覆っておくこともあります。膿を完全に出すことができれば、通常は抗菌薬を使用する必要はありません。しかし、免疫機能が低下している場合、感染が付近の皮膚に広がっている場合(蜂窩織炎)、多くの膿瘍がある場合、または膿瘍が顔面の中ほどまたは上部にある場合は、ジクロキサシリンやセファレキシンなどのブドウ球菌を殺す抗菌薬を投与します。原因としてMRSAが疑われる場合は、トリメトプリムとスルファメトキサゾールの配合剤、クリンダマイシン、ドキシサイクリンなど、MRSAに効果のある抗菌薬を投与します。

皮膚膿瘍を繰り返す場合は、特殊な消毒薬を含む液体石けんで皮膚を洗い、抗菌薬を1~2カ月服用する治療法があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP