Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

丹毒

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

丹毒は皮膚の表層に発生する蜂窩織炎の一種で、その多くはレンサ球菌によって引き起こされます。

皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。)

丹毒では、皮膚に光沢を帯びて隆起した赤い斑ができ、痛みを伴います。境界は鮮明で、周囲の正常な皮膚と混じり合うことはありません。患部は熱を帯び、触ると硬く感じられます。脚や顔面に最もよく生じます。しばしば高熱、悪寒、けん怠感(全身のだるさ)が生じます。

診断は特徴的な発疹の外観に基づいて下されます。

この感染症は、ペニシリンなどの抗菌薬を服用することで治療できます。重症の場合は、ペニシリンの静脈内投与が必要になります。アイスパックや鎮痛薬によって不快感を緩和することができます。足の真菌感染症が原因菌の侵入経路になっている場合があり、再発予防のために抗真菌薬による治療が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP