Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

リンパ節炎

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

リンパ節炎とは、1つまたは複数のリンパ節に感染が起きて生じる病気で、通常はリンパ節に腫れと圧痛がみられます。

皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。)

原因はほぼ常に感染で、細菌、ウイルス、原虫、真菌によって起こります。典型的には、皮膚、耳、鼻、眼の感染症、または伝染性単核球症サイトメガロウイルス感染症、レンサ球菌感染症、結核梅毒などの感染症がリンパ節に拡大して生じます。感染は多数のリンパ節に広がる場合もあれば、一部分のリンパ節にとどまる場合もあります。

症状

感染が起きたリンパ節は腫れ、通常は圧痛と痛みを伴います。ときに、感染が起きたリンパ節部分の皮膚が炎症を起こし、赤くなって熱を帯びることもあります。蜂窩織炎が生じる場合もあります。発熱がよくみられます。ときに、膿瘍(内部に膿がたまった空洞)ができることもあります。痛み、圧痛、発赤をいずれも伴わないリンパ節の腫れは、リンパ腫結核ホジキンリンパ腫など、別の重篤な病気の症状である可能性があります。そのようなリンパ節がみられる場合は、診察を受ける必要があります。

診断

  • 医師による評価

  • ときに、組織の生検と培養検査

通常、リンパ節炎は症状から診断でき、原因は近くの組織で起きている明らかな感染症です。原因が容易に特定できない場合は、生検(組織サンプルを採取して顕微鏡で調べる検査)と培養検査(サンプルを検査室で培地に入れて微生物を増殖させる検査)を行って、感染症の原因になっている微生物を特定し、診断を確定する必要があります。

治療

  • 抗菌薬

治療法は、感染症の原因になっている微生物によって異なります。細菌感染症の場合は、抗菌薬を通常は静脈内注射か経口で投与します。炎症を起こしたリンパ節の痛みは温罨法によって緩和できることがあります。通常、感染症を治療すればリンパ節は徐々に小さくなり、痛みは収まります。腫れたリンパ節が硬くなって残ることもありますが、もはや圧痛は感じなくなります。膿瘍は外科的に膿を排出する必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP