Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

リンパ節炎

執筆者:

Wingfield E. Rehmus

, MD, MPH, University of British Columbia

レビュー/改訂 2021年 4月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

リンパ節炎とは、1つまたは複数のリンパ節に感染が起きて生じる病気で、通常はリンパ節に腫れと圧痛がみられます。

リンパ液は、体の最も細い血管からにじみ出る液体です。液体は細胞間を移動して栄養をもたらし、損傷した細胞、がん細胞、感染性の微生物を運び去ります。すべてのリンパ液はリンパ管を通り、要所要所に配置されたリンパ節を通過します。リンパ節では、リンパ液から損傷した細胞、がん細胞、異物がこし取られます。リンパ節内の特殊な白血球は、損傷した細胞、がん細胞、感染性微生物、異物などを飲み込んで破壊します。

原因はほぼ常に感染で、細菌、ウイルス、原虫、真菌によって起こります。典型的には、皮膚、耳、鼻、眼の感染症、または 伝染性単核球症 伝染性単核球症 エプスタイン-バーウイルスは、伝染性単核球症をはじめ、いくつかの病気を引き起こします。 この ウイルスはキスを介して広がります。 症状は様々ですが、最も多いのは極度の疲労感、発熱、のどの痛み、リンパ節の腫れです。 血液検査を行って診断を確定します。 アセトアミノフェンや非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は発熱と痛みを和らげます。 さらに読む 伝染性単核球症 サイトメガロウイルス感染症 サイトメガロウイルス(CMV)感染症 サイトメガロウイルス感染症はよくみられるヘルペスウイルス感染症で、症状が出ないものから、発熱と疲労感が出るもの(伝染性単核球症に似たもの)、また、眼や脳、その他の内臓を侵す重い症状が生じるものまで、症状は多岐にわたります。 この ウイルスは、体の分泌物と接触(性的接触とそれ以外の接触の両方)することで感染します。 ほとんどの人では何の症状もみられませんが、気分が悪くなって熱が出る場合もあり、免疫機能が低下している人が感染すると、失明など... さらに読む レンサ球菌感染症 レンサ球菌感染症 レンサ球菌感染症は、レンサ球菌属(Streptococcus)の細菌によって引き起こされる感染症です。これらの グラム陽性の球状細菌(球菌)(図「 細菌の形状」を参照)は、レンサ球菌咽頭炎、肺炎のほか、創傷、皮膚、心臓弁、血流の感染症など、多くの病態を引き起こします。 種類の異なる菌株が異なった経路で拡大し、例えば、せきやくしゃみ、感染が生じた傷や褥瘡(床ずれ)、経腟分娩(母親から新生児へ)を介して感染します。... さらに読む 結核 結核 結核は、空気感染する細菌である結核菌(Mycobacterium tuberculosis)によって引き起こされる、感染力の強い慢性感染症です。結核は肺を侵しますが、ほぼすべての臓器に影響が及ぼす可能性があります。 結核に感染するのは、主に活動性結核の患者によって汚染された空気を吸い込んだ場合です。... さらに読む 結核 梅毒 梅毒 梅毒は、梅毒トレポネーマ(Treponema pallidum)という細菌によって引き起こされる性感染症です。 梅毒の症状は、見かけ上は健康な時期をはさんで、3段階で生じます。 まず患部に痛みのない潰瘍が現れ、第2期では、発疹、発熱、疲労感、頭痛、食欲減退がみられます。 治療しないでいると、第3期には、大動脈、脳、脊髄、その他の臓器が侵されることがあります。 医師は通常、患者に梅毒があることを確認するために2種類の血液検査... さらに読む 梅毒 などの感染症がリンパ節に拡大して生じます。感染は多数のリンパ節に広がる場合もあれば、一部分のリンパ節にとどまる場合もあります。

リンパ節炎の症状

感染が起きたリンパ節は腫れ、通常は圧痛と痛みを伴います。ときに、感染が起きたリンパ節部分の皮膚が炎症を起こし、赤くなって熱を帯びることもあります。 蜂窩織炎 蜂窩織炎 蜂窩織炎(ほうかしきえん)は、皮膚とそのすぐ下の組織に生じる、広がりやすい細菌感染症です。 この感染症の最も一般的な原因はレンサ球菌またはブドウ球菌です。 患部の皮膚に発赤、痛み、圧痛がみられるほか、しばしば皮膚を触ると熱く感じたり、一部の人では発熱や悪寒が生じたり、より重篤な症状が現れたりすることもあります。 医師の診察や、ときに臨床検査の結果に基づいて診断されます。 この感染症の治療には抗菌薬が必要です。 さらに読む 蜂窩織炎 が生じる場合もあります。発熱がよくみられます。ときに、 膿瘍 皮膚膿瘍 毛包炎と皮膚膿瘍は、細菌感染の結果として皮膚の中の空洞に膿がたまった状態です。浅いものもあれば、深いものがあり、毛包だけに生じることもあれば、皮膚のさらに深い部分まで及ぶこともあります。 ( 皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。) 毛包炎は毛包に生じる小さな皮膚膿瘍の一種です。膿瘍は、皮膚の表層とより深い部分のいずれにも生じ、必ずしも毛包炎を伴いません。 皮膚膿瘍の大半は黄色ブドウ球菌(Staphylococcus... さらに読む 皮膚膿瘍 (膿がたまった空洞)ができることもあります。

痛み、圧痛、発赤をいずれも伴わないリンパ節の腫れは、 リンパ腫 リンパ腫の概要 リンパ腫とは、リンパ系および造血器官に存在するリンパ球のがんです。 リンパ腫は、 リンパ球と呼ばれる特定の白血球から発生するがんです。この種の細胞は感染を防ぐ役割を担っています。リンパ腫は、主要な白血球であるBリンパ球およびTリンパ球のいずれの細胞からも発生する可能性があります。Tリンパ球は免疫系の調節やウイルス感染に対する防御に重要です... さらに読む リンパ腫の概要 結核 結核 結核は、空気感染する細菌である結核菌(Mycobacterium tuberculosis)によって引き起こされる、感染力の強い慢性感染症です。結核は肺を侵しますが、ほぼすべての臓器に影響が及ぼす可能性があります。 結核に感染するのは、主に活動性結核の患者によって汚染された空気を吸い込んだ場合です。... さらに読む 結核 ホジキンリンパ腫 ホジキンリンパ腫 ホジキンリンパ腫は、リンパ球と呼ばれる 白血球のひとつががんになる病気で、リード・シュテルンベルク細胞と呼ばれる特殊ながん細胞が認められることで区別されます。 発生原因は分かっていません。 リンパ節の腫れがみられますが、通常は痛みを伴いません。 ほかにも、がん細胞が増殖している場所によっては、発熱、かゆみ、息切れなどの症状が出ることがあります。 診断にはリンパ節の生検が必要になります。 さらに読む など、別の重篤な病気の症状である可能性があります。そのようなリンパ節がみられる場合は、診察を受ける必要があります。

リンパ節炎の診断

  • 医師による評価

  • ときに穿刺吸引と培養検査または組織生検

通常、リンパ節炎は症状から診断でき、原因は近くの組織で起きている明らかな感染症です。

原因を容易に特定できない場合は、リンパ節に針を刺して中の液体を抜き取ります(穿刺吸引)。その後、液体のサンプルを検査室に送って、培養検査(微生物の増殖を可能にする培地の中にサンプルに入れて観察する検査)を行ってもらいます。培養検査により、感染症を引き起こしている微生物を特定することができます。あるいは、生検(リンパ節の一部分を採取して顕微鏡で調べる検査)を行うこともできます。

リンパ節炎の治療

  • 抗菌薬

リンパ節炎の治療法は、感染症の原因になっている微生物によって異なります。細菌感染症の場合は、通常は抗菌薬を静脈から投与するか、経口薬として服用します。真菌または寄生虫感染症に対しては、他の種類の薬が投与されます。

炎症を起こしたリンパ節の痛みは温罨法で緩和できることがあります。通常、感染症を治療すればリンパ節は徐々に小さくなり、痛みは治まります。腫れたリンパ節が硬くなって残ることもありますが、もはや圧痛は感じなくなります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP