Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

リンパ管炎

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

リンパ管炎とは、1つまたは複数のリンパ管に感染が起きて生じる病気で、通常はレンサ球菌が原因です。

皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。)

レンサ球菌は通常、腕や脚のすり傷や創傷からリンパ管(免疫系の一部分― リンパ系:感染に対する防御を補助する)に侵入します。皮膚やそのすぐ下の組織に生じたレンサ球菌感染症(蜂窩織炎)がリンパ管に広がることもしばしばあります。ときには、ブドウ球菌など他の細菌が原因になることもあります。

感染した腕や脚の皮膚に、赤くなって熱を帯びた、圧痛を伴う不規則なすじが出現します。それらのすじは通常、感染部位から鼠径部(太ももの付け根)や腋窩(わきの下)などのリンパ節の集まる部位に向かって伸びていきます。リンパ節は腫れて圧痛を感じるようになります(リンパ節炎を参照)。

よくみられる症状は、発熱、悪寒戦慄、頻脈、頭痛などです。ときに、これらの症状が赤いすじが現れる前に生じることもあります。感染がリンパ系から血流へ及ぶことで、感染症が全身に広がることがあり、しばしば驚くべき速さで進行します。感染が起きたリンパ管の上の皮膚や組織には炎症が起こります。まれに皮膚潰瘍が生じることもあります。ときに、細菌が血流に入ってしまうこともあります(菌血症)。

リンパ管炎の診断は、その典型的な外観に基づいて下されます。血液検査では通常、感染に対抗するための白血球数の増加がみられます。病原菌が血流を介して広がっているか、感染部位の傷から膿が採取できなければ、感染症の原因になっている微生物を特定することは困難です。

ほとんどの患者は、ブドウ球菌とレンサ球菌に効果のある抗菌薬を投与することで速やかに回復します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP