Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

リンパ管炎

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

リンパ管炎とは、1つまたは複数のリンパ管に感染が起きて生じる病気で、通常はレンサ球菌が原因です。

よくみられる症状は、発熱、悪寒戦慄、頻脈、頭痛などです。ときに、これらの症状が赤いすじが現れる前に生じることもあります。感染がリンパ系から血流へ及ぶことで、感染症が全身に広がることがあり、しばしば驚くべき速さで進行します。感染が起きたリンパ管の上の皮膚や組織には炎症が起こります。まれに皮膚潰瘍が生じることもあります。ときに、細菌が血流に入ってしまうこともあります(菌血症 菌血症 菌血症とは血流に細菌が存在する状態をいいます。 菌血症は、日常的な行為(激しい歯磨きなど)、歯科的または医学的処置、あるいは感染症(肺炎や尿路感染症)が原因となります。 人工関節や人工心臓弁を使用している人や心臓弁に異常がある人では、菌血症が長引くリスクや菌血症で症状が生じるリスクが高まります。 菌血症では通常、症状はみられませんが、ときに特定の組織や臓器に細菌が増殖して、重篤な感染症を引き起こすことがあります。... さらに読む )。

リンパ管炎の診断は、その典型的な外観に基づいて下されます。血液検査では通常、感染に対抗するための白血球数の増加がみられます。病原菌が血流を介して広がっているか、感染部位の傷から膿が採取できなければ、感染症の原因になっている微生物を特定することは困難です。

ほとんどの患者は、ブドウ球菌とレンサ球菌に効果のある抗菌薬を投与することで速やかに回復します。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP