Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群

執筆者:

A. Damian Dhar

, MD, JD, North Atlanta Dermatology

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)とは、熱傷を負ったときのように皮膚に水疱が生じて剥がれてしまう病気で、ブドウ球菌による皮膚感染症に対する体の反応として起こります。

  • 皮膚の水疱と剥離以外の症状として、発熱、悪寒、脱力感がみられます。

  • 診断は皮膚の外観に基づいて下されますが、生検を行うこともあります。

  • 適切な時期に治療をすれば、予後(経過の見通し)は極めて良好です。

  • 治療としては抗菌薬の静脈内投与を行います。

皮膚細菌感染症の概要も参照のこと。)

ブドウ球菌属の細菌には、表皮の最も外側にあたる角層を他の層から剥がしてしまう有害物質(毒素)を分泌するものがあります。その毒素は全身に広がるため、皮膚のごく一部がブドウ球菌に感染しただけでも全身の皮膚が剥がれてしまうことがあります。ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群は、ほぼ常に6歳未満の乳児や小児に発生します。腎不全のある人や免疫機能が低下している人を除けば、これより上の年齢で起こることはまれです。他のブドウ球菌性感染症と同様に、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群も他の人に伝染します。

症状

症状としては、まず痂皮(かさぶた)で覆われたびらんが正常な皮膚の中にでき、膿痂疹のように見えます。新生児では、おむつをあてる部位や、へその緒の切断部周囲に発生することがあります。それより上の年齢の小児では、顔面によく発症します。成人では、体のどの部分にも発生する可能性があります。この病気にかかると必ず、痂皮で覆われたびらん部分の周囲の皮膚が24時間以内に鮮やかな赤い色に変わります。それらの部分は痛みを伴います。皮膚は押すとひどく痛み(圧痛)、しわのよったティッシュペーパーのような状態になります。その後、最初の感染部位から離れた部分、しばしば皮膚がこすれ合う部分部位、殿部、手、足の皮膚が広い範囲にわたって赤くなり、そこに破れすい水疱ができます。

その後、表皮が剥がれてきます。わずかに触れたり、そっと押したりしただけで剥がれ、かなり大きくむけてしまうこともよくあります。剥がれた部位は熱傷を負ったように見えます。その後2~3日かけて症状が全身の皮膚に広がり、発熱、悪寒、脱力感がみられ、非常に具合が悪くなります。体を保護するバリアである皮膚が剥がれるため、他の細菌や感染性微生物が体内に侵入しやすくなり、剥がれた部位や他の部位に感染症を引き起こし、ときには血流を通じて広がります(敗血症)。また皮膚が剥がれたところから体液がしみ出たり、蒸発したりするため、多量の体液が失われ、脱水状態に陥ります。

診断

  • 医師による評価

  • 通常は組織の生検と培養検査

診断は、明らかなブドウ球菌感染症の後に生じた皮膚剥離の外観に基づいて下されます。ブドウ球菌感染症の徴候がみられない場合は、皮膚から少量のサンプルを採取して検査室で調べる検査(生検)がしばしば行われます。鼻、結膜(眼を覆う薄い粘膜)、のど、鼻腔、上咽頭(のどの上部)から採取した粘液のサンプル、血液および尿のサンプル、感染が始まったと考えられる部位(臍帯[へその緒]や皮膚など)から採取したサンプルを検査室に送って、そこで培養して細菌を増やします。

予後(経過の見通し)と治療

迅速に診断を下して治療を行えば、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群によって死に至ることはまれです。皮膚の最上層はすぐに再生し、通常は治療開始後5~7日以内に治癒します。

治療としては抗菌薬を静脈内投与し、後から経口投与に切り替えます。広範囲の感染とじくじくしたただれが生じた人に対しては、熱傷を負った人に対するものと同じ治療を行います( 重度の熱傷)。治癒した皮膚を保護するために、皮膚保湿剤(皮膚軟化剤)が役に立つことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP