Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

皮膚真菌感染症の概要

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

真菌は通常、足の指の間、性器の周辺、乳房の下など、体の皮膚同士が触れ合っていて、湿度が高くなる部分(湿潤部位)に住み着きます。一般的な真菌による皮膚感染症(皮膚真菌感染症)は、酵母(カンジダ属癜風菌など)または皮膚糸状菌(エピデルモフィトン属 Epidermophyton、ミクロスポルム属 Microsporum、白癬菌属 Trichophytonなど)によって引き起こされます。このような真菌の多くは、表皮の最も外側の層(角層)だけに生息し、それより深部には侵入しません。肥満の人は、皮膚がこすれ合う部分が多いため、これらの感染症にかかりやすい傾向があり、皮膚のひだの中の皮膚が刺激されて破れた場合(間擦疹)は特に可能性が高くなります。糖尿病の人も真菌感染症にかかりやすい傾向があります。

不思議なことに、体のある部分に起きた真菌感染症が、感染していないほかの部分に発疹を生じさせることがあります。例えば、足の真菌感染症が原因となって、手の指にかゆみを伴うでこぼこした発疹ができることがあります。そのような発疹(白癬疹、イド反応[id反応])は、真菌に対するアレルギー反応であり、感染した部分に触れたことで生じるわけではありません。

診断

  • 皮膚の擦過物または培養検査

感染が起きやすい部位に、赤くなった発疹、ヒリヒリする発疹、かさついてうろこ状になった発疹などがみられた場合、医師は真菌感染症を疑います。

皮膚真菌感染症の診断は通常、感染部位の皮膚から少量のサンプルをこすり取って顕微鏡で調べるか、培地の中で培養して感染した真菌の種類を特定することによって確定できます。

治療

  • 抗真菌薬

  • 湿気を防ぐ対策

真菌感染症は一般に抗真菌薬、通常は患部に直接塗る(外用薬と呼ばれます)抗真菌薬により治療します。外用薬の種類としては、クリーム剤、ゲル剤、ローション剤、溶液、シャンプーなどがあります。抗真菌薬は経口投与されることもあります。

薬剤に加えて、パウダーをはたいたり、つま先の開いた靴を履いたりするなど、患部を乾燥した状態に保つ対策も用いることができます。

一部の感染症では、炎症やかゆみを緩和するためにコルチコステロイドが投与されます。

皮膚に塗って使用する主な抗真菌薬(外用薬)

  • アモロルフィン

  • ブトコナゾール(butoconazole

  • ブテナフィン

  • シクロピロクス

  • クロトリマゾール

  • エコナゾール

  • ゲンチアナバイオレット

  • ケトコナゾール

  • ミコナゾール

  • ナフチフィン(naftifine)

  • ナイスタチンカンジダ属のみ)

  • オキシコナゾール

  • 硫化セレン癜風および頭部白癬の治療用シャンプー)

  • スルコナゾール

  • テルビナフィン

  • テルコナゾール(terconazole

  • チオコナゾール

  • トルナフタート

  • ウンデシレン酸

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP