Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

癜風

(なまず)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth-Hitchcock Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

癜風(でんぷう)とは、表皮(皮膚の最も外側の層)に発生する真菌感染症で、鱗屑(りんせつ)を伴う変色した斑が出現します。

  • この感染症は真菌の一種によって引き起こされます。

  • 一般的には、皮膚に鱗屑を伴う皮疹が現れます。

  • 診断は病変の外観と皮膚の擦過物の検査結果に基づいて下されます。

  • この感染症はしばしば再発します。

  • 治療には抗真菌薬の皮膚用製剤とシャンプーのほか、ときに内服薬も使用されます。

皮膚真菌感染症の概要も参照のこと。)

この感染症は癜風菌 Malassezia furfurを原因菌とし、かなり一般的な病気で、特に若い成人に多くみられます。癜風菌 Malassezia furfurは、酵母と糸状菌の両方として存在することができる真菌の一種です。酵母と糸状菌は、顕微鏡検査でこの真菌がどのように見えるかを説明するために使用される用語です。

癜風菌 Malassezia furfurは通常は無害で、正常時も皮膚に生息していますが、一部の人では癜風を引き起こします。感染者の多くは健康です。遺伝的にこの真菌が増殖しやすい体質の人もいます。

その他の危険因子としては、高温多湿の環境のほか、コルチコステロイドの使用や妊娠、低栄養、糖尿病、その他の病気による免疫系の機能低下などがあります。

癜風は軽度の感染症で、ほかの人に伝染しないと考えられています。

症状

癜風は通常、症状を引き起こしません。しかし、体幹、頸部、腹部、ときには顔面に、淡い黄褐色、褐色、サーモン色、または白色の鱗屑を伴う斑が多数現れます。それらの斑が融合して大きくなることもあります。この斑は日焼けすることがないため、夏に周囲の皮膚が日焼けすると、その部分が目立つ場合があります。元から皮膚の色が濃い人では、色の薄い斑に気づくことがあります。元から皮膚の色の薄いでは、比較的色の濃い皮疹や薄い皮疹が生じることがあります。

癜風の例

診断

  • 医師による皮膚の診察と皮膚擦過物の検査

  • ときにウッド灯検査

癜風の診断は、皮膚の外観に加えて、皮膚の擦過物を顕微鏡で観察して真菌を確認することによって下されます。

皮膚の感染部分をはっきり見るために、紫外線(ウッド灯と呼ばれます)を照射することもあります。

予後(経過の見通し)

感染による症状が消失した後も、感染部位の皮膚が元の色に戻るまでに数カ月から数年かかることがあります。

癜風を引き起こす真菌は正常時も皮膚に生息しているため、治療が成功した後もよく再発します。

治療

  • 抗真菌薬を患部に塗ったり、ときに内服したりします。

癜風の治療には、患部に直接塗る(外用)抗真菌薬が使用される場合があります。処方薬である高濃度の硫化セレンシャンプーは、患部の皮膚(頭皮だけでなく)に1日10分間塗って洗い流す方法で1週間使い続けるか、毎週1回24時間塗って洗い流す方法で1カ月使い続ければ、効果が得られます。その他の治療法としては、ケトコナゾールの1日1回の外用を2週間続けるとともに、ジンクピリチオンを含有する石けんを使った入浴または硫黄サリチル酸を含有するシャンプーの1日1回の外用を1~2週間続けることなどがあります。(表「皮膚に塗って使用する主な抗真菌薬(外用薬)」も参照のこと。)

広範な感染( 重篤な真菌感染症の治療薬)や頻繁な感染が生じている患者に対する治療では、ときにフルコナゾールなどの抗真菌薬を服用することもあります。

感染の再発の可能性を抑えるために、多くの医師は綿密な衛生管理の実践とジンクピリチオンを含有する石けんの定期的な使用または他の外用薬の月1回の使用を推奨しています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP