Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ひげ白癬(白癬性毛瘡)

(床屋疹)

執筆者:

Denise M. Aaron

, MD, Dartmouth Geisel School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 2月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

ひげ白癬(白癬性毛瘡)は、一般にひげが生える部位(須毛部)に起こる皮膚糸状菌(真菌)感染症です。

白癬性毛瘡では通常、皮膚の表層に円形の斑が生じますが、より深い部分で感染が起きることもあります。炎症性 禿瘡(とくそう) 禿瘡(とくそう) 頭部白癬(しらくも)は、頭皮の皮膚糸状菌(真菌)感染症です。 頭部白癬の症状としては、頭皮に乾燥したうろこ状の斑、斑状の脱毛、またはその両方が生じます。 診断は、頭皮の診察と頭皮から採取したサンプルの検査の結果に基づいて下されます。 治療は、すべての患者で抗真菌薬の内服を行い、小児に対しては抗真菌薬クリームを使用します。 ( 皮膚真菌感染症の概要も参照のこと。) さらに読む 禿瘡(とくそう) (一般に頭皮に腫れた斑が生じて、ときに膿がにじみ出る病気)が発生することもあり、瘢痕化やほおひげの脱毛に至る可能性もあります。白癬性毛瘡はまれな病気です。ひげが生える部位(須毛部)の皮膚に起きる感染症のほとんどは、真菌ではなく細菌によって引き起こされます。

治療

  • 抗真菌薬の服用

  • ときにコルチコステロイド

白癬性毛瘡の治療はグリセオフルビン、テルビナフィン、イトラコナゾールなどの抗真菌薬の内服により行います。

患部の炎症がひどい場合は、症状を和らげて瘢痕化の可能性を減らすために、プレドニゾン(日本ではプレドニゾロン)の服用などコルチコステロイドによる治療が追加されることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP